歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

マストハブな白のタートルネックでベージュとの上品コーデ

ワードローブに1枚あったほうが良いのが、コーデの幅が広い白のタートルネックです。ただし白と言ってもピュアなホワイトから、ベージュに近いオフホワイトまであり、素材や生地の厚みも考えれば、選び方は本当に難しいですね。

 

実を言うと私は、数年前まではタートルネックが着られませんでした。子どもの頃から首がモソモソするのが苦手で、帽子のゴムさえ嫌だったのですが、歳を取って首が細くなったせいか、今では大丈夫です。

 

ちょっと出遅れ感はありつつ、先日購入したのはピエロ(Pierrot )の「選べる3ネック2丈 カシミアタッチニットトップス」。丈も襟もいろいろある中で、オフホワイトのタートル、チュニック丈を選びました。すべすべの素材で、なんと1,480円です。

 

f:id:otona12:20171110220701j:plain

カシミアタッチニットトップス

 

ただし安いなりに、タートルの縫い付け部分の伸びはイマイチ。着るときはメイクをした後、脱ぐときはメイクを落とした後じゃないとダメです(笑)

それでも肌触りは柔らかくて最高で、これがアクリルだとは信じられません。

 

白のタートルを買って、私がやりたかったのは白のパンツとのコーデ。まずはこの基本スタイルから始めます。

 

f:id:otona12:20171110221440j:plain

 

 合わせたい色はベージュ。冬の白とベージュほど上品に決まる組み合わせはありません。Theoryのヘリンボーンのショート丈ジャケットを上に着ました。ニットがチュニック丈なのを利用して、若っぽく見せるレイヤードスタイルです。

 

f:id:otona12:20171110221613j:plain

 

 そして今の時期ならなんと言ってもトレンチコート。MaxMaraのショートトレンチとコーデしてみました。

 

 

 

続きを読む

月々3,980円でプロ厳選の2アイテムが届くメンズファッション定期便

今日は若くない(?)男性のファッションについて書きたいと思います。

ビシッとスーツを着ているときは惚れちゃうぐらいカッコいいのに、カジュアルウェアになったとたんイタいオッサンになってしまう人、いませんか。

 

歳を重ねるにつれてメンズファッションは、知性(内面)がにじみ出るものであって欲しいのですが、頑張りすぎるほど似合ってないものを着てる人が多い気がします。筋肉を見せようとピチピチだったり、出っ張ったお腹を太ベルトで隠していたり、ブランドをひけらかしている中高年男性を見ると、バブルを引きずってるんだなあと、悲しい性を感じてしまうのです。

 

f:id:otona12:20171111204254j:plain

 

ファッションスタイリストの大山旬さんが書いた『おしゃれが苦手でもセンスよく見せる 最強の「服選び」』を読むと、確かに!と同感するルールが書かれています。

大山さんは7年で3,000名以上の男性をおしゃれに変えてきたというスキルの持ち主。大人のオトコが時間とお金をかけずに、ベーシック&オーソドックスなファッションセンスが持てるメソッドが書かれています。

 

f:id:otona12:20171111194901j:plain

 

 ただしこの本を頭に叩き込んでから服を買いに行く男性も、どうでしょうね、風見鶏みたいでカッコ悪い。夫や彼氏のために女性が読んで、それとなく教えてあげるのに向いてるのかもしれません。

 

ちょっとだけ中身に触れてみます。

・定番ものはしっかり投資。流行ものは安く

これは女性であっても同じですね。大山さんは最近「ユニクロ9割で超速おしゃれ」という本を出してますが、流行を取り入れるカジュアルウェアはプチプラで充分だと思います。高い流行アイテムを湯水のように買える人であっても、なんだか軽薄に見えちゃうんです。

例えば女性で言うならグレンチェックのパンツ。この秋の流行で来年はどうなるか分かりません。私は買いませんが、どうしても必要ならプチプラで質の良い物を探します。

 

言いたいことが山ほどあるので、だんだん尖った意見になっていきますよ。怒らないでね。

 

 

 

続きを読む