歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


脱オジサン・脱オバサンで着るカーキ色のチノパン

ボーイッシュという響きはみずみずしく、永遠の憧れです。でもボーイとは少年であり、女性がボーイッシュなコーディネートをして格好よく決まるのは、せいぜい20代までかもしれません。歳を取ってからボーイッシュを気取ると、粋がっているオバサンになりが…

紺色コーデを艶っぽくする紫の組み合わせ

青が好きな私は、紺色もよく着ます。1色コーデはもちろん、白や黒、グレーといった無彩色と合わせることが多いのですが、クローゼットを眺めていて「紫」があったことに気付きました。 12色相環で見ると、紺と紫は隣り合う色。対面にある補色(黄、黄緑)と…

顔映りが難しいベージュは異素材をミックスしてコーデ

服のカラーを決めるとき、最も難しい色はベージュです。一口にベージュと言っても寒色系だったり暖色系だったり、あまりに幅が広すぎて、顔映りのいい色を選ぶのは至難の業だからです。 買っては失敗を繰り返し、私が似合うのはオートミール色だと分かりまし…

てろっと感&ドレープが小細工いらずのマキシスカート

逗子は海水浴シーズンの真っ盛り。ビーチに向かう若い女子たちに、マキシスカートを履いている人が多いのをずっと不思議に思っていました。 ところが私も試しに履いてみて分かったのは、パンツよりずっと涼しいこと。浴衣と同じ原理なんでしょうか、足元から…

大人カジュアルは抜け感・透け感・きちんと感

どれだけおしゃれのレッスンを積んだ人でも、完璧にならないのはシャツの着こなしだと思います。というか、完璧を目指してはいけないのがシャツですね。 例えば、シャツの首元まできっちりとボタンを留め、カフスボタンも留めた状態を100%とするなら、私は60…

プチプラでも得意な色なら幸せな気分で着こなせる

クローゼットを開けて、いちばん多く目につく色は何ですか? 私は圧倒的にブルーが多く、次に黒と白。やはりパーソナルカラーがWINTERなんだと思います。 10年ほど前、占い師に「あなたはピンクを着なさい」と言われたことがあるのですが、ピンクを着たから…

一日歩いても疲れずに姿勢が良くなるカヌーエッグヒールサンダル

購入して3年目。夏のご近所歩きに、最も出番が多いサンダルがあります。Re:gettA Canoe(リゲッタ カヌー)の「 エッグヒールサンダル」、親指トングタイプです。色はターコイズとブラックを持っています。 履きすぎて古びていますが、一度も修理したことな…

もう1本のデニムならユニクロのハイライズワイドジーンズ

先日ユニクロに寄ったとき、目を付けていたものがありました。トレンド感の高い「ハイライズワイドジーンズ」です。 3,990円には絶対に見えないデザインの良さ。ウエストの位置が高いのに加え、ストンと落ちるストレートなシルエットは、抜群の足長効果です…

人とかぶらないサッシュベルトでウエストを細見せ

ウエストにくびれを作るサッシュベルトの人気が続いています。いちばんよく見かけるのは、GUで売っているこのタイプですが、出回りすぎているので買いませんでした。 欲しいのは、着けている人が少ない&リーズナブル&おしゃれ。この条件で探し続けて見つけ…

大人が着る夏の黒には安く見えない素材&白い肌

夏の白い肌に着る、オールブラックのコーデは大好きです。焼けた肌だとテラテラ光ったり、年齢の衰えを強調するので、大人が着る黒は白い肌がマストだと思っています。 そして素材は黒に限って、コットンは選びません。室内ならまだしも、夏の眩しい光線の下…

立秋を過ぎたら涼しく着られる素材のオータムカラー

暦の上では秋になりました。とは言っても暑さはピークで、熱中症への注意を呼び掛ける防災速報がスマホに入ってきます。 私はなぜか今年、梅雨が明ける前に夏物を着倒してしまいました。同じように気持ちが急くのか、季節を先取りするファッショニスタさんた…

アウトドアイベントは沢山ポケットが付いた服を選ぶ

週末はヨットのクルーたちと一緒に、葉山マリーナで行われたサマーフェスタに参加しました。特設ステージで繰り広げられるフラダンスやタヒチアンダンス、ウクレレの演奏を楽しみながら、テーブルを囲んでの宴会です。 酔客で混雑するフェスタには、持ち物を…

リフォームしても着ない服の理由

捨てるに捨てられないブランドもの。去年の春、アルマーニとドルチェ&ガッバーナのジャケットをリフォームに出しました。でも戻ってきてから、1回も袖を通していません。理由は・・・、う~む、ハッキリしたことが言えないのです。 このアルマーニはサマー…

足にやさしいGUのノットミュールは大人のエレガント感

コーディネートを引き立たせるアイテムとして、シューズは準主役です。ただし私は足幅が狭いので、フィットする靴がなかなか見つかりません。買っては失敗し、断捨離の繰り返しでした。 www.connoisseur12.com デザインが良くて足にフィットして、上質な皮を…

短足に見えるゴムウエストの薄手レギンスパンツ

仕事帰りに立ち寄った久しぶりのユニクロ。イチ押し商品をディスプレイする陳列棚を見て、目が点になりました。 この秋の流行なんでしょうね、並んでいるのは細身のレギンスパンツたち。ジーンズのコーナーを見に行っても、ボーイフレンドデニムは隅っこに追…

前後を逆にして2度楽しめるスエードタッチのカットソー

数年前に大規模な断捨離をしたとき、取っておけば良かったと悔やんでいる服があります。それはスエードのカットソー。ところどころ擦れいるのは見栄えが悪いと思って捨てたのですが、今に思えばそれこそがスエードの持ち味でした。 GUの銀座店で秋物を物色し…

63歳のスーパーモデル C.ブリンクリーに勇気をもらう

今年も私が住むマンションではプールがオープンしました。でもここ数年は、来客があったときしか行きません。その理由は水着になるのがイヤだから。知らない人に(いや、家族であっても)オバチャンボディをさらすのは恥ずかしすぎます。 ところが私よりも年…

定番服はベーシックカラーでコーデの幅を広げる

プチプラであっても定番として毎年出ている服は、買って失敗しないと思っています。 GUの秋物で目を着けていたのが「ボリュームニットチュニック」。綿54%・リヨセル46%の素材で、今の季節でもサマーニットとして着られるハイゲージニットです。 今年はグ…

逃げない幸せをくれるピンキーリング

パーソナルカラーがWinterの私は、ゴールドよりシルバーのアクセサリーが好き。リングはあまり手入れをしなくて済むプラチナベースのものを着けているのですが、一つだけ別格があります。 20年以上も前に、当時は銀座にショップがあったジョージ ジェンセン(…

スエードの小物とV開きキャミソールでウエスタン調コーデ

昨日の記事に載せたGUの「サイドシームレスキャミソール」で、トライしたかったコーデがあります。 イメージは、西部劇の酒場で働いている女性。デコルテを強調したキャミを着て、ウエスタンルックをしてみたいと思っていました。 用意するのはGUの黒いキ…

知的にセクシーな綿リブ素材のキャミソール

真夏に着るシャツの下には、汗取りにキャミソールを入れる方も多いと思います。でもどうせ着るなら、デコルテがきれいにみえるデザインがいいですよね。 私はBanana Repubicで買った白か黒のタンクトップを着ることが多いのですが、GUがランジェリーとして売…

大人の清楚さをほんのり香らせるストライプブラウス

白をベースに青のストライプの入ったシャツ(ブラウス)は、清楚で爽やかなイメージがして大好きです。 昨日のロングTシャツとさらにもう一枚、ファッション通販のピエロ(Pierrot )で、このブラウスを購入しました。 ルーズショルダー半袖ブラウス 2,280円…

プチプラで高見せ大人コーデ ~ スリット入りロングTシャツ

大人のプチプラファッションとして近ごろ注目しているピエロ(Pierrot )から、秋の最新作を載せたメールマガジンが届きました。猛暑の真っ盛りですが、涼しい素材&オータムカラーで秋の先取りをしてみます。 1,280円という激安価格でゲットしたのは、スリ…

本当はとても難しいカーディガンの選び方

ノースリーブは着たいけど、二の腕は出したくないとき、カーディガンの出番ですね。ただし横から見ると、肩が盛り上がっていたり、むっちりした二の腕が余計に目立ってしまうことが多々あります。 肥っていたころの私は、カーディガン難民でした。何を着ても…

クールにコーデする夏のアニマル柄スカート

アニマル柄は秋冬の定番だと思われがちですが、私は夏に着るのが好きです。イタリアンマダムっぽい雰囲気がして、大人しかできないファッションだと思うからです。 この2枚はどちらもPAOLA FRANI(パオラフラーニ)で、上のは部分的に本革を使用したもの、下…

高見えコーデの秘訣は面積の比率を考えること

高見えコーデを特集したメルマガが wear.jp から届きました。お値段以上に魅せる大人プチプラコーデとして、スタイルを決めた女性たちの写真が載っています。 GUやしまむらのアイテムを取り入れて、プチプラじゃなく見せるコーデは腕の見せどころ。でもそれ…

薔薇の刺繍がおしゃれなGUデニムジャケットが3,990円

どんなインナーの上にも格好よく羽織れるアウターと言えば、デニムジャケットです。私はヘルムートラングの古着を愛用していますが、さすがに20年も着ていると、もう一枚ぐらい欲しくなってきました。 似たようなのを買っても仕方ないので、まずはプチプラで…

きれいめトラッドなコーデが似合うリブ素材のVネックベスト

何枚あっても、見るとつい欲しくなってしまうのが、Vネックのベストです。学生時代への回帰なのでしょうか、キリっとしたイメージが好きなんですよね。 GUのオンラインストアでだけ発売されているアイテムで、すぐ買ってしまったのがこれ。細リブ素材で、き…

ベージュのパンツが1本あればオールシーズン&オールマイティ

オールシーズン使えるアイテムとして、1本持っていると便利なのがベージュのパンツです。これはBanana Republicで買ったチノパン。廃盤になっても大丈夫なように、同じのをもう1本持っていて、もう何年も着回しています。 綿・レーヨン・ポリウレタン混紡で…

マスキュリンなコーデは演歌の世界にならないよう注意

ついに関東も梅雨明けして、朝から太陽がギラギラしています。その一方でファッションの世界では、秋物が並びました。GUではGENTLE WOMANがキーワードになって、メンズライクなジャケットやワイドパンツを流行に乗せようとしています。イチ押ししているのが…

1,000円以下で買えるサマーニットでオールホワイトの夏コーデ

春夏用にGUで買ったお洋服が、サマーセールで値下がりしています。例えばこれ、右側のUVカット カーディガンは 1,490円が 790円になりました。左側のクルーネックセーターは 990円のままですが、下がるのは時間の問題でしょう。 白のニットは透けるので敬遠…

通勤着に便利な洗濯機で洗えるニュアンストップス

3日間の連休はあっという間に終わり、明日からは仕事モード。朝になってバタバタしないよう、外出用コーデを考えなきゃいけません。晴れマークと熱中症に注意の呼びかけが出ている天気予報を見て、汗をかいても大丈夫なコーデにします。 綿シャツの代わりに…

年齢や体形に関係なく着られるハワイアンドレス

ちょうど10年前の今ごろ、たびたび着ていたワンピースを今年は復活させました。ハワイの人気ブランド、マヌヘアリィ(Manuheali'i)のワンピで、派手じゃないプリントが気に入って、ネット買いしたものです。 10年前の写真が見つかったので載せますね。いや…

年配者に褒められる服は老けて見える法則

クリーニングのタグが付いた服を、今シーズンは着るべきかどうか、クローゼットを前に悩むことが多々あります。春にアップした記事では、いかに節約してワードローブを管理するかを書きました。 www.connoisseur12.com そしてこの夏、あまり気乗りしない服が…

カップ付きインナーは偽物のバストがモロバレ

夏のコーデで、暑苦しいアイテムと言えばブラジャーです。猛暑日にはカップが汗で蒸れて、肌に当たる縁の部分がミミズ腫れになることもあります。 そんな悩みを解消してくれるのがブラ付きインナー。ユニクロではブラトップ、GUではブラフィールという名前で…

部屋着のステテコに羽織れるGAPのオープンフロントパーカー

もうすぐ梅雨明け。猛暑日が続いて、ニュースや天気予報では熱中症への注意を呼びかけています。 部屋着には汗を吸う服を優先しているのですが、洗濯しすぎてヨレヨレになるんですよね。ゴミ出しに行くのにさえ恥ずかしくて、人がいない時間を狙っております…

値段の高い服でも家で洗濯できるものを選ぶ

街ではもう秋物のお洋服を売り出してるのに、夏の本番はこれから訪れます。外出すると汗びっしょり。家で洗濯できる服じゃないと、クリーニング代が倍増しちゃいます。 痩せたときに沢山の衣類を断捨離しましたが、色が似合わないと思っても、取っておいたの…

派手な服、若い服を中和するグレーのストローハット

どんよりした空でも、夏の紫外線は要注意。日傘をさして歩くのが苦手な私は、ストローハットのお世話になっています。 長く愛用しているのはヘレンカミンスキーだけど、気分を変えたいときに役立っているのが、グレーのストローハット。スタイルストアで買っ…

べっ甲のヘアゴムで大人の女らしいまとめ髪

ファッション通販で、思いのほか値段を高くするのは送料。あと数百円で送料無料になるという誘い文句につられて、あまり乗り気じゃないお洋服を買ってしまうこともありますよね。 そんなときは小物コーナーに移動して、私はヘアアクセサリーを買うことにして…

秋色ストライプのスキッパーシャツで蒸し暑い夏を涼しく

夏はTシャツかノースリーブシャツという選択肢しかなかった私に、新しいアイデアが降ってきました。Vネックに襟を付けた形のスキッパーシャツというもの。ボタンなしのポロシャツもそう呼ぶそうですが、胸元を深めに見せるシャツのことです。 私はVネックが…

ネット買いで失敗した服を返品しなくて済むコーデ

お洋服の大半をネット買いしている私は、目利きであるつもりが、予想外のパンチを喰らうときがあります。たとえばこのストライプ柄 ノーカラーブラウス。 WEBサイトのモデルさんが素敵に着こなしているし、縫製のディティールまで拡大して表示しているのは、…

チェックのシャツはオールシーズン&オールエイジ

急に出かけることになったとき、季節も天候にも関係なく、すぐに着られるのはチェックのシャツだと思っています。オードソックスな柄だから、おばあちゃんになっても(むしろ歳をとったほうが)似合います。 下の3枚はアバクロ(abercrombie&fitch)の長袖…

光りものキャミソールが一枚あればパーティーウェアになる

真夏のパーティーウェアって、どうしています? まさか一夏に一回しか着ないものを買ったりしていないでしょうね。クリーニング代がもったいないです。 私は洗濯機で洗えるキャミソールをパーティー用に工夫して着ています。コットンのキャミじゃなくて、光…

ブラックスーツには白シャツよりも柄物のニュアンストップス

今日は超オフィシャルな会議があって、滅多に着ないブラックスーツで出かけました。麻とレーヨン混紡なので真夏でも涼しいし、さすがTheory(セオリー)、奇をてらわないデザインが単体でも大いに役立つスーツです。 黒のスーツを着るとき、無難なラインでコ…

ビキニの夏に向けてもうひと踏ん張りです!

去年の5月から1日も休まずに書いてきたブログを、ついに初めて穴をあけてしまいました。ずっとパソコンの前にいたんですが、仕事が大詰めで、起きている間じゅうプログラミングをしていたのです。ていうか寝てないし・・・(/_;) ちなみにこれが私の仕事場…

かっこわるい膝小僧を目立たせないスカートコーデ

今の若い女性たちを見るにつけ、羨ましいのは一直線ですんなりした膝小僧。椅子での生活が当たり前になったからでしょうか、畳に膝を突き出して座っていた私の年代とは段違いです。 我が家は海に近いのでショートパンツも履くのですが、ゴツゴツした膝がいつ…

ノースリーブニットを着痩せして見せるコーデ

ノースリーブニットって、首元やアームホールの微妙な開きぐあいで、似合うか似合わないかが決まります。なで肩の私はホルターネックのタイプがしっくりくるのですが、真夏でない限り、一枚で着て出るのは勇気がいりますね。 GAPのセールで見つけた1,490円の…

氾濫しているダイエット広告への疑問 サプリメントじゃ痩せません!

暑くなり、薄着になるにつれて、ネットでダイエットの広告がやたら目につくようになりました。どれも簡単に痩せられることを謳っています。本当でしょうか。 下の写真は無料でダウンロードできるフリー画像ですが、よく見かけませんか。使い回しされていて、…

媚びて見える肩出しトップスは若くても似合わない

夏はすぐそこまで来て、オープンショルダーのトップスが人気みたいですね。でも私としては、20代の若い子であっても、肩出しファッションは宜しくないと思っています。着物を思いきり襟抜きにして媚びている、吉原の遊女を連想しちゃうんですよね。 かくいう…

シンプルな服を普通に着ることの新鮮さ

仕事で徹夜明けのあと、午後から会議でした。コーデを考える時間がなかったので、無難な服を適当に選んで着たら、なんかいつもと違うのです。 ジャケットはOK、インナーもOK、あれっ、パンツにベルト通しがない。黒のパンツはセオリー(Theory)が好きで、太…