歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

似合うもの

大人らしさを計算して着こなすライダースジャケット

雨は小降りになったものの、台風が近づいて不穏な空模様。逗子から東京へのお出かけですが、カジュアルなデニムパンツで行くことにしました。 コートを着るには早いし、カーディガンだけじゃ寒いという、上着選びが難しい気温です。こんな時にはレザージャケ…

風をまとっているようなコーディガンでレイヤード

秋が深まっていく今ごろは、コーディガンが役立ちます。誰が言い出したのかは分かりませんが、コーディガンとは「コート」×「カーディガン」。ロングカーディガンよりはもう少し分厚いものです。 プチプラで質の良い商品を売っているピエロ(Pierrot )では…

ゆるずるニットは手首とデコルテを強調して着る

彼氏から借りてきたような「ゆるずる」シルエットの服は、女性の身体をスレンダーに見せてくれます。流行が続いているボーイフレンドデニムのように、ボーイフレンドニットも一枚は持っていたいもの。 ただし歳を取ってから、パステル系の甘い色を着た分には…

流行の赤を買い足すなら大判のストールが便利

こっくりカラーに入るんでしょうか、今は世界的に「赤」が流行しているそうです。パーソナルカラーが冬の私には、絶対に外せない色なのでかなり嬉しく思っています。 くっきりした赤は、黒とコーデすると印象が強くなりすぎるので、グレーと合わせるのが好き…

こっくり色にはシルバーやゴールドの光りものをプラス

去年あたりからでしょうか、秋物の服に「こっくりした色」という表現がよく使われます。「こっくり」とは「色・味などが、落ち着いて深みのあるさま」(三省堂 大辞林)。漢字にすると「落着」で、明治時代には「色合等の派手ならず能く引き締りたるに云ふ語…

ユニクロのハイライズデニムが足長効果抜群なのを実証

今年のデニムパンツは、ワイドタイプかスキニータイプか、その中間は流行っていないようですね。しかも圧倒的に多いのがハイライズ。ずーっとローライズのパンツを履いてきた私は、時代に取り残された気がしています。 今日実行したのは、デニムパンツの新旧…

温かい色とアイテムで華やぐシンプルなブラウス

外出の時間が迫っているのに着る服が決まらないとき、ZARAのトップスはデザインそのものがトレンディなので、コーデに悩むことなく役立っています。 これは去年買ったストライプのブラウス。とろみ素材なのに家で洗濯できるし、襟に付いた細いリボンは、その…

こなれ感より清潔感で着るワイドタイプのチノパン

ローライズのパンツが流行遅れに思えてくるほど、今はミッドライズやハイライズのパンツが主流になっています。 買っておいて良かったのが、GUの「チノウエストベルトワイドパンツ」。ネットでファッションをチェックしていると、いろんなサイトに登場する人…

春の紺から秋の紺へシフトするコーデ

オールシーズン通してネイビー(紺)は着ることの多い色。制服を毎日着ていた10代のころは嫌いな色でしたが、今になると品のある大人の色として気に入っています。 春夏は白のアイテムと組み合わせて、爽やかなマリンテイストのコーデをしていました。でもさ…

スカートとショートブーツの間には何を履く?

あたたかい生地の流行を取り入れたくて、GUで購入した「コーデュロイタイトスカート」。適度なスリットが入った膝丈と、秋色のワインレッドが気に入って、ちょくちょく履いています。 www.connoisseur12.com 9月上旬の今はいいのですが、もう少し秋が深まる…

暖かい飾りのついたヘアゴムから小さな秋に突入

衣替えにはまだ早いけれど、秋らしさをファッションに取り入れたい。そんなときは小物から揃え始めるのをおススメします。 私の場合はヘアゴム。GUの「ジャカードリボンヘアゴムセット」590円のREDのセットを、オンラインストアで購入しました。左からGRAY、…

微妙に違う同系色コーデには境界線の色をプラス

私は同系色のトップスとボトムスを着て、オールインワンっぽいコーデをするのが好きです。9月に入ったことだし、ネイビーでやってみたいのですが、ベージュと同様にネイビーは幅が広すぎるんですよね。 5月に買ったエブリーン(Evereen)のセットアップ。ネ…

初秋のセーターは鮮やかで、下品じゃない赤を選ぶ

昨日の 「Vネックコクーンプルオーバー(半袖)」に続いて、GUの人気商品。カラーによっては売り切れが予測される「パフスリーブセーター(7分袖)」990円です。 ジーユー オンラインショップ モデルさんのようにオフショルダーにも、ボートネックにもなる…

さじ加減が難しいフェミニン×マスキュリンのコーデ

この秋のGUは、「The Gentle Woman」とか「フェミニン×マスキュリン」といったキャッチコピーを打ち出しています。 イチ押しのアイテムを店頭で手に取ってみたのですが、左のタイプはリアル昭和を思い起こして私には着られません。 右のタイプ、コルセットベ…

脱オジサン・脱オバサンで着るカーキ色のチノパン

ボーイッシュという響きはみずみずしく、永遠の憧れです。でもボーイとは少年であり、女性がボーイッシュなコーディネートをして格好よく決まるのは、せいぜい20代までかもしれません。歳を取ってからボーイッシュを気取ると、粋がっているオバサンになりが…

紺色コーデを艶っぽくする紫の組み合わせ

青が好きな私は、紺色もよく着ます。1色コーデはもちろん、白や黒、グレーといった無彩色と合わせることが多いのですが、クローゼットを眺めていて「紫」があったことに気付きました。 12色相環で見ると、紺と紫は隣り合う色。対面にある補色(黄、黄緑)と…

顔映りが難しいベージュは異素材をミックスしてコーデ

服のカラーを決めるとき、最も難しい色はベージュです。一口にベージュと言っても寒色系だったり暖色系だったり、あまりに幅が広すぎて、顔映りのいい色を選ぶのは至難の業だからです。 買っては失敗を繰り返し、私が似合うのはオートミール色だと分かりまし…

大人カジュアルは抜け感・透け感・きちんと感

どれだけおしゃれのレッスンを積んだ人でも、完璧にならないのはシャツの着こなしだと思います。というか、完璧を目指してはいけないのがシャツですね。 例えば、シャツの首元まできっちりとボタンを留め、カフスボタンも留めた状態を100%とするなら、私は60…

大人が着る夏の黒には安く見えない素材&白い肌

夏の白い肌に着る、オールブラックのコーデは大好きです。焼けた肌だとテラテラ光ったり、年齢の衰えを強調するので、大人が着る黒は白い肌がマストだと思っています。 そして素材は黒に限って、コットンは選びません。室内ならまだしも、夏の眩しい光線の下…

立秋を過ぎたら涼しく着られる素材のオータムカラー

暦の上では秋になりました。とは言っても暑さはピークで、熱中症への注意を呼び掛ける防災速報がスマホに入ってきます。 私はなぜか今年、梅雨が明ける前に夏物を着倒してしまいました。同じように気持ちが急くのか、季節を先取りするファッショニスタさんた…

知的にセクシーな綿リブ素材のキャミソール

真夏に着るシャツの下には、汗取りにキャミソールを入れる方も多いと思います。でもどうせ着るなら、デコルテがきれいにみえるデザインがいいですよね。 私はBanana Repubicで買った白か黒のタンクトップを着ることが多いのですが、GUがランジェリーとして売…

クールにコーデする夏のアニマル柄スカート

アニマル柄は秋冬の定番だと思われがちですが、私は夏に着るのが好きです。イタリアンマダムっぽい雰囲気がして、大人しかできないファッションだと思うからです。 この2枚はどちらもPAOLA FRANI(パオラフラーニ)で、上のは部分的に本革を使用したもの、下…

高見えコーデの秘訣は面積の比率を考えること

高見えコーデを特集したメルマガが wear.jp から届きました。お値段以上に魅せる大人プチプラコーデとして、スタイルを決めた女性たちの写真が載っています。 GUやしまむらのアイテムを取り入れて、プチプラじゃなく見せるコーデは腕の見せどころ。でもそれ…

ベージュのパンツが1本あればオールシーズン&オールマイティ

オールシーズン使えるアイテムとして、1本持っていると便利なのがベージュのパンツです。これはBanana Republicで買ったチノパン。廃盤になっても大丈夫なように、同じのをもう1本持っていて、もう何年も着回しています。 綿・レーヨン・ポリウレタン混紡で…

1,000円以下で買えるサマーニットでオールホワイトの夏コーデ

春夏用にGUで買ったお洋服が、サマーセールで値下がりしています。例えばこれ、右側のUVカット カーディガンは 1,490円が 790円になりました。左側のクルーネックセーターは 990円のままですが、下がるのは時間の問題でしょう。 白のニットは透けるので敬遠…

通勤着に便利な洗濯機で洗えるニュアンストップス

3日間の連休はあっという間に終わり、明日からは仕事モード。朝になってバタバタしないよう、外出用コーデを考えなきゃいけません。晴れマークと熱中症に注意の呼びかけが出ている天気予報を見て、汗をかいても大丈夫なコーデにします。 綿シャツの代わりに…

派手な服、若い服を中和するグレーのストローハット

どんよりした空でも、夏の紫外線は要注意。日傘をさして歩くのが苦手な私は、ストローハットのお世話になっています。 長く愛用しているのはヘレンカミンスキーだけど、気分を変えたいときに役立っているのが、グレーのストローハット。スタイルストアで買っ…

ブラックスーツには白シャツよりも柄物のニュアンストップス

今日は超オフィシャルな会議があって、滅多に着ないブラックスーツで出かけました。麻とレーヨン混紡なので真夏でも涼しいし、さすがTheory(セオリー)、奇をてらわないデザインが単体でも大いに役立つスーツです。 黒のスーツを着るとき、無難なラインでコ…

シンプルな服を普通に着ることの新鮮さ

仕事で徹夜明けのあと、午後から会議でした。コーデを考える時間がなかったので、無難な服を適当に選んで着たら、なんかいつもと違うのです。 ジャケットはOK、インナーもOK、あれっ、パンツにベルト通しがない。黒のパンツはセオリー(Theory)が好きで、太…

大人の女は「盛らず」にベーシックな半袖ブラウス

6月も半ばに入ると、さすがにブラウスやシャツは長袖だと暑いですね。洗濯機で洗えるGUのエアリーシャツ 1,490円を購入しました。このタイプは黒の長袖を持っていて、値段の割には高級そうに見えるので、半袖も欲しいと思っていたのです。夏らしくオフホワ…