歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

似合うもの

エレガントに着る春夏デニムジャケットは白を選ぶ

今年の流行と言えばドット柄。私も黒地に白の水玉が入ったスカートとワンピを愛用しています。スタイレスト(STYLEST )の「ドット柄レースアップフレアスカート」、ジーユー(GU )の「ドットワンピース」。どちらも大人っぽいシルエットなので、歳がいって…

運動会の応援ファッションに選ぶ4つのポイント

鮮やかなツツジの花に誘われて散歩に出たら、小学校のグラウンドで体育の授業をやっていました。連休が終わると運動会シーズンがやってくるのですね。私が子どもの頃は秋の行事でしたが、クラスの結束を深める意味で、今は1学期に行うようです。 運動会の応…

オンオフが兼用できるベイカーテーパードパンツ&スカーフのコーデ

どんな年齢、どんな体形にもあうパンツは、腰回りが楽で、裾がつぼまったテーパードシルエットだと思います。これはマストハブだと信じてやまないジーユー(GU )の「ベイカーテーパードパンツ」で実例をお見せしましょう。 このパンツがなぜおススメかにつ…

プチプラで探し当てたフープピアス&フックピアスたち

コーディネートの仕上げにプラスするものと言えばアクセサリー。近ごろはネックレスをジャラジャラするのに興味がなくなり、たいていピアスで済ませています。 よく使っているのはこの子たち。スタッドピアスはキャッチが外れて落とすことが多いので、フープ…

GUでボトムスを買う場合のチェックポイント

大人がお小遣いで冒険する方法として、私はGUでお買いものするのが大好きです。冒険は成功と失敗とが紙一重。ユニクロだと優等生すぎて、流行で遊ぶまでに至らないのでつまらないのです。 ただしできる限り断捨離せずにすむよう、歳がいった大人でも着られる…

キレイめカラーのパーカで女っぽさをアップ

なぜだか急に気になる色。先日までは流行色のグリーンに夢中だったのですが、今はオレンジに心が動いています。 去年の5月はGUの「UVカットフルジップパーカ」を手に入れて、大人コーデを楽しんでいました。 www.connoisseur12.com STYLEST (スタイレスト)…

ナチュルカラーのリネンパンツが1本あればコーデ無限大

例年より春が早く来て、リネンの洋服が出回っています。シワを楽しんで着る麻は、粋な大人向けの生地。汗をかいても肌にくっ付かないサラッとした風合いが大好きです。 GUでは3月26日からリネンブレンドアイテムの特集が始まりました。去年はフレンチリネン…

値段がバレる紺ブレは良質ジャージー素材を賢く選ぶ

一枚持っていると、どんなシーンでも着られて便利なのが紺ブレこと、ネイビーのジャケットです。ただし紺色は生地の良し悪しが目立つ色なので、プチプラだと値段が分ってしまいます。 www.connoisseur12.com 本来なら10万円ぐらいの紺ブレを買いたいところで…

オバ見えカラーは配色のマジックで若見えへ

時々チェックしに行くファッションサイトで、面白い記事を見つけました。美人のたしなみという連載記事で、『オバ見えを避けたいなら「買っていい色、ダメな色」!』って、興味津々です。 otonasalone.jp 要約すると、イエロー、グリーン、レッドなど目に鮮…

ヒップラインがしなやかに見える柳腰のパンツ

パンツの流行は、ワイドパンツとテーパードパンツが主流になっていますが、私の場合、履いてしっくりくるのがミドルライズのクロップドパンツです。 首、手首、足首を見せると華奢見えするのもあって、くるぶしの出るクロップドパンツは欠かせない便利アイテ…

持て余すニットの裾はどこに入れる?

去年までは流行していた(と思う)トップスの前裾をボトムスにインする着こなし方。急にカッコ悪いコーデになってしまいました。 これが去年までの着方です。ur's(ユアーズ) の「オーバーニットプルオーバー」の前裾を、STYLEST (スタイレスト)の「綿ツイ…

みんなより早く女っぽいワンピースを着て春デビュー

いよいよ3月になりましたね。クローゼットを引っ掻き回して、春らしい装いを考えています。女らしさを前面に出したくなる季節に、流行が絶対に来ると思っているのはワンピース。コートを脱いだときにパッと目をひくアイテムです。 友人がデザインしているLit…

ぽっちゃりから抜け出してスキニーデニムを履くために

ジーンズの人気ブランドNo.1、MOUSSY(マウジー)のMVS SKINNYを入手してから嬉しくて、ネットでスキニーデニムを比べまくっています。もう1本買うわけじゃなく、これで間違いない!と余韻を楽しむ行動です。 ブランドジーンズを買うのは久しぶり。プチプラ…

老け見えせずにグレーを春らしく着るテクニック

真っ黒よりも、グレーが着たくなるのは春が近いからでしょうか。グレーのコーディネート法について、Preciousに参考になる記事を見つけました。 precious.jp 引用すると「上質なリラックス感とこれ見よがしでないリッチ感」というのは、グレーにぴったりな表…

地味服をおしゃれコーデに変える高見え&プチプラグッズ

着やすくて気に入っているのに、年齢のせいか地味に見える服ってありませんか。私は一昨年の秋にユナイテッドアローズで買った、ウール・カシミア混紡のベージュのカーディガンが大好きなのですが、スカーフなり派手めなアクセサリーを足さないと、肌がくす…

足元から春を呼び込む新作カラーパンプス

関東では週半ばにまた大雪が降る予報が出ています。私はすっかり冬に飽きてしまい、気持ちは春のコーディネートに向いています。まだ防寒着は手放せないとしても、足元から春を呼び込みたくてパンプスの物色中です。 去年買った春色のパンプスで、ヘビロテし…

大人の美脚デニムは肉感が外に出ないものを選ぶ

ジーンズが大好きな私は、美脚デニムという言葉に弱いです。モデルの中村アンさんがZARAの今っぽいデニムを履いているのを見て、欲しくなってしまいました。大人の女性にはウォッシュドタイプよりも、きれいな青のインディゴタイプのほうがエレガントに見え…

春に向けて手に入れる女っぽいボーダーカットソー

インフルエンザの熱は37度台に下がりました。こじらせないように今日もベッドにもぐりこんで、ファッションサイト巡りをしています。 春に向けて、真っ先に手に入れたいのがボーダーのカットソー。これまで私は「ボーダーは無印良品」という固定観念があって…

30歳を超えたらジャケットは上質な生地を買う

とんでもなく寒い日が続いていますが、冬至を過ぎてだんだん日が長くなっていきます。晴れたら気持ちだけは春めいて、近ごろは水色のジャケットを着て出かけることが多くなりました。 これはBanan Republicの「クラシックフィット・ブレザー」。去年の秋に買…

ワントーンコーデ&プチプラミックスは頭の体操

上から下まで一色にするワントーンコーデは簡単そうですが、実はとてもテクニックが要ります。前回は差し色で印象を強くするブラックコーデの方法を載せました。 www.connoisseur12.com 今日は誰にでも似合う色、グレーでワントーンコーデを試みます。基本ス…

STYLESTの1,980円チケットと交換した太リブゆるタートルニット

スタイリストが選んだアイテムを月額1,980円で買えるサービスの「STYLEST (スタイレスト)」。先月末に会員になって、まだチケットを使っていなかったので、さっそく月初にアイテムと交換しました。 www.connoisseur12.com 「チケット利用 1,980円」と赤い…

細見えのコツは身体に付かず離れずの素材

ネットのファッション情報を見ていて、私より年上のスタイリストさんの記事に目が留まりました。人気テレビドラマ「セカンドバージン」や「ファーストクラス」「突然ですが、明日結婚します」などを手掛けたカリスマ・ドラマスタイリスト 西ゆり子さんのスタ…

おとなトラッドなチェックのパンツでオンオフを兼用

今日はパンツ選びの話。トップスはわざと大きめを着てボーイッシュにしたり、サイズ選びは少々ルーズでも済むのですが、パンツの場合そうはいきません。大きすぎると老け見えしますし、小さすぎるとお腹とお尻がパツンパツンで太って見えます。 スウェットな…

黒ワンピースが喪服に見えないパールネックレス選び

この冬に買ったアイテムとして大成功だと思ってるのがUniqlo Uの「3Dソフトラムクルーネックワンピース」です。オフホワイト以外は全サイズ売り切れている人気商品で、次の冬も着られるクオリティの高さ。 www.connoisseur12.com ブラックを買った私は青や赤…

上下ブラックのコーデは差し色で七変化させる

黒のタートルネックに黒のパンツのコーデほど、シンプルで楽なものはありません。ただしそのままだと、スティーブ・ジョブズの「ノームコア」みたいになるので、何か色を足すことを考えます。 最初はここからスタート。ユニクロの「エクストラファイン メリ…

急ぐとき服選びに迷わない便利なワンピース

ハンドメイドのオートクチュール「Little France」のプレお披露目、今日が一区切りの記事です。似たような形でも、柄を変えると全く雰囲気が変わるのがワンピースの面白さ。シンプルな2点を着比べてみました。 ダマスク柄って言うんでしょうか、ヨーロッパ…

デコルテを強調する大人の艶っぽいワンピース

エステでメニューを選ぶとき、私はデコルテまでケアをお願いしています。女の武器としてデコルテは、歳を重ねるほど強調すべき場所。若い子が大きく胸を開けていると生々しすぎるのですが、妙齢になるとエッチっぽさが無くなるのは、適度な枯れ加減のおかげ…

ブレイクしそうな柄物ワンピースを発売前に着てみました

理想と現実とがすれ違う服ってありませんか? 私はダイアン・フォン・ファステンバーグのセクシーなラップドレスに憧れてきたのですが、購入する寸前で何度もあきらめました。理由はカシュクールになった胸の開き方。バストが小さい場合、ダボダボと布がたる…

デパートの1/5の価格で買える 世界に1点のオートクチュールワンピース

女に生まれて良かったと思うのは、ワンピースを着られること。みんなが着飾って集まった女子会で「それステキ!」と言われるほど嬉しいことはありません。でも1回褒められたら、2回目は同じのを着て行けないのが悲しいところです。 世界に一点しかないハン…

ベージュのニットの艶っぽさは女の特権

年齢を問わず、女性の肌を艶っぽく見せてくれる色はベージュ。それもハイゲージのニットがいちばんです。ただし一口にベージュと言っても、青みがかったベージュ、赤みがかったベージュ、カーキっぽいもの、オフホワイトっぽいものと幅が広すぎて、自分の肌…