読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


若くなくてもショートパンツを履けるマジック

ゴールデンウィークに入って、ビーチで遊ぶシーズンがやってきました。せめてショートパンツぐらい履きたいのですが、生っ白くて不格好な足をどうしたものかと悩みます。私の年代は畳に座ることが多かったので、膝が凸凹している人が多いんですよね。 露出度…

二の腕&ハミ肉の対策は透けニットと簡単運動で

ゴールデンウィークが間近に迫り、暑い日はノースリーブワンピの出番がやってきます。気になるのは二の腕と脇の下のハミ肉。隠すにはカーディガンの肩掛けが手っ取り早いのですが、ハミ肉まではうまく隠れません(-_-;) そこで今年は新たなアイテムを投入。GA…

サラサラで絡まない髪になるイギリスのブラシ

美容院に行くといつも「髪の毛、細いですね~」と言われる私。もつれた内側の毛を解くのが大変で、ブラシ選びには苦労していました。豚毛のブラシは髪に艶が出ていいんですが、絡まった抜け毛を掃除するのが面倒なんですよね。 従来のブラシとは形が異なるタ…

お金いらずの予防線張りダイエット

書斎で缶詰状態だった今月は残り1週間足らず。遊びに行かなかったので出費が減り、その分を洋服の買い足しに回しました。睡眠不足ですが、栄養バランスを考えた食事と筋トレクッションを使った運動は欠かさないので、健康とお肌の調子は保っています。 www.…

ヘナで染めてから嬉しいことづくめの髪

ヘナで髪を染めるようになってから、10カ月ほどが経ちました。シャンプー後のドライヤーはとても楽。手ぐしで雑に乾かすだけなのに、指通りがよくサラサラの髪になって、天使の輪らしきものが出来ています。 終電に間に合わなくてホテルに宿泊するとき、シャ…

ボコボコになったフェイスラインを鍛えるエクササイズ

顔が老化してくると、法令線やマリオネットラインといった深いシワができてきます。私は幸いにも、口元のシワはそれほど目立たないのですが、あごのラインがゴツゴツしてきたのが気になっています。 これがマリオネットラインというもの? 寄る年波は隠せな…

加齢に負けず、美しい目をキープするノウハウ

顔のパーツの中で、人に与える印象が最も強いのは目だと言われています。アイメイクに凝ったり、カラコンを装着して綺麗な目になろうとする人も多いでしょう。しかし動物行動学の専門誌『Ethology』に紹介された米メリーランド大学の研究結果によると、目を…

後ろから抱かれて眠る美容効果

今では死語になっているかもしれませんが、バックシャンという言葉がありました。英語のback(後ろ)とドイツ語のSchön(美しい、綺麗な)が合体した、後姿の美しい女性という意味です。 自分の後姿はどうなのか。鏡に向かって服をコーディネートして、よし…

野草を摘みに行く美容ウォーキング

祖母は生前、花盗人でした。呆けていたせいか、他所のお庭に手を伸ばしては花を摘み、家じゅうの花瓶やコップに飾っていたものです。それでも散歩に付き添えば、垣根に咲く花だけでなく、野草の名前まで一つひとつ教えてくれたのは、今でも心の財産になって…

鏡よりも写真を客観視してセルフチェック

先日とある会合で、シニアの美女軍団に遭遇しました。華やかな笑い声にテーブルを見ると、ファッション系、芸能系、美容系など、みなさん60歳を超えて現役の方ばかりです。しかし感じたのは恐れ。この世のものとは思えない雰囲気でした。 ランチであっても手…

バッグの持ち方ひとつでエレガントになる

前回に続いて身体のパーツ編。あまり人前に晒したくないパーツとして、私は手の甲にコンプレックスを持っています。皮下脂肪が少ないせいか、遺伝のせいか、青い血管が木の枝のように浮き出ているのです。10代の頃から手だけはお婆さんみたいだったので、加…

ふくらはぎのポッコリ筋肉を落とすために

小学生から中学生のころ、私は自分の足が大嫌いでした。ゴボウのように痩せていて膝はゴツゴツ。当時の写真を見ると足だけは、飢餓に苦しむ国の子どもみたいです。 思春期になると肉がついてきてスカートを履いても恥ずかしくなくなりましたが、運動部じゃな…

怠け者でもできる簡単な筋トレ

運動は見るのも行うのも好きとは言えず、たまにウォーキングをする程度。しかも仕事がら一日の大半はパソコンに向かっているのですから、基礎代謝量は低すぎて、身体に良くない生活をしているのは確かです。せめて食べ物には気を配ろうと、緑黄色野菜と良質…