歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


可愛い系のヘアアクセはチープに見える

欲しいのに見つからないヘア・アクセサリー。黒い綿のシンプルなシュシュを探しているんですが、デパートはおろか100均にも売っていません。横顔を美しく知的に見せるには、デコラティブなヘアアクセは逆効果。後ろでしばりたいとき、今のところは太い黒ゴムを使っています。

女の子の憧れである可愛い系のヘアアクセは、頭が幾つあっても足りないほど(?)沢山持っていました。でも私のような年齢で付けると、ひと昔前の中国人に見えちゃうんですよね。もしくは巣鴨商店街でバーゲン品にたかっているおばさん、カビ臭いスナックのママ。彼女たちはTシャツでもブラウスでも、何かキラキラした飾りが付いているものを好み、福島瑞穂みたいなピンクの口紅やブルーのアイシャドウを塗っていますが、キモさが増すばかり。モテ路線には100%乗れません。

可愛いものには蓋をせよ。値段は張ってもチープに見えるヘアアクセたちは捨てることにしました。

 

f:id:otona12:20160516154858j:plain

 

 

 

 

そして取っておくのはプレーンなものだけ。素材の良さに惚れてキープしています。PLAZA(昔のソニプラ)で買ったのも混じっているのに、高そうなものばかり持ってるねと、嬉しい誤解を受けます。

 

f:id:otona12:20160516154944j:plain

 

今いちばんトライしたいヘアアレンジは、下の2つでまとめた髪。べっ甲柄のスティックに髪をクルクルッと巻き付けて、小さなバンスクリップをアクセントに添えると小粋です。でも私のテクニックが追いつかないので、実現するのはいつになることでしょうか。

 

f:id:otona12:20160516155034j:plain