歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

なで肩と二の腕に悩む人のノースリ―ブ

女に生まれた特権はスカートを履けること、そしてノースリ―ブの服を着られることだと思っています。スレンダーなモデルが着こなすノースリーブ・ワンピに憧れて、通販で買った実物に袖を通すと、こんなはずじゃなかった・・・。たくましい二の腕の振袖肉と、バストの脇に余った肉がブヨッとはみでて、我ながら目のやり場に困ります。

 

和服には適した「なで肩」も、洋服には似合いません。なで肩は肩口のラインがあいまいで、二の腕が余計に太く見えちゃうのです。すべり落ちては引っ張り上げるブラジャーのストラップも悩みの種です。

 

さんざん失敗を繰り返し散財して、やっと手に入れたノースリーブの法則。なで肩で腕のたるみが気になる人には、ホルターネックやアメリカンスリーブ、肩の出ぐあいがカタカナの「ハ」状になったものが痩せて見えます。

 

f:id:otona12:20160530125044j:plain

 

参考までに上の画像は、tibiのホルターネック。ストラップを首の後ろで結ぶタイプです。ストレッチ性のない生地ほど、身体のラインがもろ出しにならなくてベター。シルクのゆらぎ感と、派手なプリントで視線を分散します。

 

 

 

 

下の画像はメーカーズシャツ鎌倉のブラウス。肩口が中に入って「ハ」の字になってますよね。脇の下にゆとりがあるぐらいのアームホールが腕を細く見せます。

 

f:id:otona12:20160530125119j:plain

 

これはEPOCAのニット。アメリカンスリーブはパールのネックレスとマッチします。

 

f:id:otona12:20160605175754j:plain

 

最後に鉄則。 フレンチスリーブは絶対に買いません。あれが似合うのは若くて華奢な美人さんです。50歳を過ぎて、たるみが見え始めたらオバサン度を際立たせるだけなので、すっぱり諦める覚悟も必要でしょうね。