歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

仕事用バッグはガーデンパーティひとつで

お題「愛用しているもの」

お出かけの服を決めたあと、最後に悩むのはバッグです。昨日と同じでは恥ずかしいと、若いころは毎回バッグを変えていましたが、ごちゃごちゃと中身を入れ替えるのが面倒になりました。

 

仕事用のバッグは断捨離して、今はエルメスのガーデンパーティーひとつと、ノートパソコン用のバッグです。エルメスの布製バッグはフールトゥとエールラインも持っていましたが、電車でバッティングすることが多いので、ヤフーオークションで手放しました。

 

f:id:otona12:20160614141933j:plain

 

ガーデンパーティーはもともと園芸用品を収納するためのバッグです。軽さと頑丈さには太鼓判を押せますが、問題はポケットや仕切りがないこと。外出先のトイレでハンカチを探すのに中をひっかきまわし、その間に手が乾いてしまうことがたびたびです(笑)

 

女は年を取るほどバッグの中身が多くなる生き物。3.11の大震災以降、帰宅難民になったらの不安があるので、1泊できるグッズを詰め込んでしまうのです。それをどうしたら効率的に整理できるか、私なりに考えたガーデンパーティーの収納法をお見せしますね。

 

 

 

 

f:id:otona12:20160614143255j:plain

 

 入ってるのは、小物を収納するポーチ(中にポケットがいっぱいあるタイプ)、出先で荷物が増えたとき用のバッグ・イン・バッグ、折り畳み傘、手帳とペン、水とお菓子、タオルハンカチ、そしてお財布と名刺ケースを収納するポシェットです。

これには、宴会場のクロークに荷物を預けるときに貴重品は持っていられるよう、細いストラップの付いたルイヴィトン(グラフィティ)のポシェットを愛用しています。グラフィティは人気がなくて製造中止になりましたが、ポーチ代わりに使うのに便利です。

 

会議に行くときには書類をはさんだクリアファイルと、電車での暇つぶしに電子書籍リーダー(Kindle)を入れたら準備完了。このバッグしかないのですから、コーディネートに悩む必要はありません。

鏡の前で取っ替え引っ替えして、電車を一本乗り過ごすことが無くなったのは、断捨離の勝利と言えそうです。