読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


ジェネリック家具に泣くカッシーナ

朝の情報番組を見ていてビックリすることがありました。ジェネリック医薬品ならぬ、ジェネリック家具というのが売れているんだそうです。有名デザイナーの意匠権が切れた名作家具を、他社がデザインを継承して低価格で製作した家具のこと。今まで手が出なかった数百万円のソファーが、ゼロが一桁少ない数十万円で手に入るのです。

 

そして番組で紹介されたのが、ヴィコ・マジストレッティ(Vico Magistretti)のマラルンガとそっくりなソファー。

 

f:id:otona12:20160716004255j:plain

 

見た瞬間、目が点になりました。10年前に私が青山のカッシーナで買ったマラルンガと色も形もほぼ同じで、つやつやとした皮の品質だって遜色ありません。あのときは大塚家具に行く前の冷やかしで入ったのが、本当に買ってしまったことを悪夢じゃないかと思ったほどです。大散財どころじゃなく、貯金が激減しました。

 

 

 

 

マラルンガは3人掛けソファーの角度が自由に変えられるタイプと、1人掛けのマスターズチェア。真ん中にはシンドバッドのローテーブルを2つ買いました。他にドレッサーや電気スタンドも買って、たぶん値段は総額で400万円ぐらいだったと思います。

 

f:id:otona12:20160716004512j:plain

 

それからたった10年でジェネリック家具の時代。コピーではなく、正規に認められた再生産家具なんだそうです。どこが違うかといえば、正規品は熟練工が手作業でコツコツと製作した一品ものであるのに対し、ジェネリックは機械で作ったり、仕上げの工程が簡素化されたりで、オートメーション化でコストダウンを図っていること。でもテレビで見た限りでは、どこに差があるのか分かりません。悲しすぎる・・・(:_;)

 

今や我が家のマラルンガは、与六が爪を立てて飛び回り、食後にはお昼寝場所になっています。気持ちよさそうに膨らんで寝ているのを見ると、どけ!とは言えず、すっかり主の座を奪われてしまいました。

 

 

f:id:otona12:20160716010240j:plain

 

本物とかネームバリューとか、何のメリットがあるんでしょう。絶対に1人じゃ担げない超重量級の買い物は、私のバブル期の名残です。今だったら真っ先に見栄を断捨離して、ジェネリックを買うでしょうね。