歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


解れずにおしゃれなストールの巻き方

やっと天候が回復した週末はウォーキング日和。たくさん歩くときに欠かせないのは、首に巻くストールです。夏は日焼け防止と汗の吸収に役立つので、自宅で洗える素材の長方形を何枚か持っています。

 

ストールをスポーティーなTシャツの上に巻くとき、手ぬぐいに見えないよう、おしゃれな巻き方をしたいですよね。歩いているうちに解れない工夫も必要です。私がよくやっている2パターンを載せておきます。

 

まずは丈の長い長方形ストールの場合。左右均等になるよう、真ん中に結び目を作っておきます。

 

f:id:otona12:20160723142718j:plain

 

作った結び目を前に持ってきて、首にかけます。

 

f:id:otona12:20160723142909j:plain

 

 

 

 

両端を後ろで交差してから前に垂らします。

 

f:id:otona12:20160723143019j:plain

 

先端を結び目に通したら出来上がりです。

 

f:id:otona12:20160723143057j:plain

 

丈の短い長方形ストールの場合は、縦半分に折ってクルクルとねじっておきます。

 

f:id:otona12:20160723143218j:plain

 

首にかけて、端っこをループに通せば出来上がり。

 

f:id:otona12:20160723143312j:plain

 

これはパタゴニアの綿ストールですが、とても汗の吸収がいいので、新しい色が出たらシーズンごとに買い足しています。日焼け止めを塗ってキャップをかぶったら、さあ、太陽の下に出かけましょう!