歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


セットアップのスーツはもう買わない

ジャケットを買うとき、店員さんに聞いてはいけない言葉があると思っています。「これ、下もありますか?」。服は単品で買うべきで、セットアップになるパンツやスカートは出番を逸してしまうことが多いからです。

 

たとえばこのエトロのスーツ。3年前に買ってジャケットは活用してきましたが、スカートは値札が下がったまま、一度も着たことがありません。セットアップで着るとワンパターンだし、これで銀座あたりを歩くと、夜の仕事みたいで嫌なのです。

 

f:id:otona12:20160807225730j:plain

 

これは去年買ったTheoryのパンツスーツですが、オフィス仕事に関係のない私には、揃いで着る機会がありません。結果、ジャケットだけ活用してパンツはクローゼットから出たことなし。同じTheoryの黒だったら、お気に入りのクロップドパンツに出番を譲ってしまうからです。

 

 

 

 

f:id:otona12:20160807230229j:plain

 

両方のアイテムを組み合わせたらどうか。丈が長めなジャケットとオーソドックスなシルエットのスカートでは、華やかさが消えて、定年間近な学校の先生みたいになってしまいます。

 

f:id:otona12:20160807230515j:plain

 

この手のスカートに合うのは、丈短めのノーカラージャケット。上の画像よりずっと若々しく、ウエストも細めに見えるはずです。

 

f:id:otona12:20160807230840j:plain

 

断捨離を重ねて、クローゼットのスーツ類はほとんど姿を消しました。別々のものを買った方が何倍も着こなしの幅が広がるのことに、もっと早く気付けば良かったです。