歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


ラフ過ぎずにシャツをインとアウトで着る

シャツをカジュアルに着たいとき、裾をどうしようかと悩みます。例えばこの黒い麻のシャツですが、ボタンを全開にして羽織っているだけだと、私の年齢ではラフすぎてお出かけには向きません。とは言え今年の流行りであるウエスト強調の着方、トップスをすべてインにするのは、くびれに自信のある人じゃなきゃ無理ですよね。

 

f:id:otona12:20160817214557j:plain

 

そこでシニア向けの着こなし。シャツは前か後ろの裾をインにすると、おしゃれ度がアップするようです。下の画像はカシュクール風に前をインして、後ろは外に出してみました。ボタンは留めず、裾をクロスさせてパンツに入れているだけです。

 

f:id:otona12:20160817214620j:plain

 

私はお尻が男っぽくて厚みがないので、シャツの後ろを被せると上手くカムフラージュできるのです。

 

f:id:otona12:20160817214656j:plain

 

下の画像は前の裾をアウトにして、後ろをインにした着方。ボタンはバストの下の、真ん中あたりを1個だけ留めて、カーディガンっぽく着ます。

 

 

 

 

f:id:otona12:20160817214723j:plain

 

この着方はお腹のぽっこりが気になる人には最適。後ろをインにしていることでスリムに見えます。

 

f:id:otona12:20160817214745j:plain

 

肥ってボタンを留めるのがキツくなったシャツも、こうして着れば出番が一気に増えます。さりげなくおしゃれに気を配っているのが見えれば、今の人でいられますね。