歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


服はポストイット方式で断捨離する

8月も残りわずかになり、街のショーウィンドウは秋物ファッションに衣替えしています。残暑でもノースリーブで出歩くのには飽きてきました。セーターが恋しい季節が来る前にクローゼットの整理をしなくちゃと、断捨離する夏物の選別に取り掛かります。

 

時間を取って一人ファッションショーをするのは疲れるので、今回は私なりの方法を編み出しました。出掛けにコーディネートを決めるとき、袖は通したけれどやっぱりやめた服に対して、ハンガーに色別のポストイットを貼り付けるのです。例えば・・・

 

f:id:otona12:20160826115614j:plain

 

 

 

 

ブルーはサイズが合わなかったもの。

グリーンは色が顔に合わなかったもの。

黄色はこの歳には若すぎるもの。

グレーは何だか気分が乗らなかったもの。

ポストイットを貼り付けたハンガーは、たびたび動かしてポストイットが落ちないように(できたらセロテープで補強して)クローゼットの端に架けていきます。ポストイットの数が多いものは潮時なのだと諦めて、衣替えのときにお別れするのです。

 

f:id:otona12:20160826115703j:plain

 

私の経験則ですが、断捨離は一気に行うと必要なものまでエイヤッと捨ててしまい、後悔するものが出てきます。

この秋はテラコッタのような暖色系が流行ると聞いて、ぴったりのスカートがあったはずと思ったら、去年捨てたのに気付きました。ウェストがきつかったんでしょうが、冬にワンサイズ痩せたので今年なら着られたのに、しかもヴァレンチノだったのにとショックは大きいです。キャメルのカシミアのセーターも何故か見当たらない・・・。

 

もし去年ポストイット方式をしていたら、ブルーが1枚貼られただけなので、捨てなかった可能性が高いはず。

出掛けに選ばなかった服の理由は、すぐに忘れてしまいます。朝の時間を無駄にしないためにも、今からコツコツとポストイットしていく方式をぜひお試しくださいね。