読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


アニマル柄ブラウスの断捨離

セクシーな大人の女になりたくて(昔のことです)、アニマル柄の服を買い求めていた時期がありました。新宿伊勢丹のドルチェ&ガッバーナに通い、ブラウスやパンツ、水着までヒョウ柄のコンプリート。しなやかな女豹を気取っていたのが、撮ってもらった写真を見ると、トウが立った「お水」の女が写っています。愕然としたその日を境にヒョウ柄は封印しました。

 

それでも白黒のゼブラ柄くらいならいいかなと、ネットで買ってみたブラウスがあるのですが、一度袖を通しただけで数年も放置してありました。

 

f:id:otona12:20160907143205j:plain

 

そのとき一緒に買ったプリーツ加工のセットアップがあるのですが、ますますダメですね。顔の近くにアニマル柄がくると、品がなくて老けた印象になるのです。しかもいくら肥っても大丈夫なプリーツ加工の服は、おばさん度が増すコスチューム。巣鴨のスナックのママみたいです(ごめんなさい)。

 

 

 

 

f:id:otona12:20160907143713j:plain

 

このゼブラ柄ブラウスも断捨離することに決めました。黒のセットアップに白黒のインナーを合わせる着こなしは、当たり前すぎて見栄えがしません。

 

インには華やかな色を。ボタニカル柄のプリントが可愛い、フワフワのバルーン・ブラウスに変えてみました。この方が3倍は若く見える気がします。

 

f:id:otona12:20160907144004j:plain

 

手持ちのアニマル柄は、ベルトとバッグ、靴だけを残すことにしました。顔から遠い位置で、ひそかなセクシーを楽しむつもりです。