歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


テーラードジャケットを再生するコーディネート

日曜日の昼下がり、テレビをつけたら小池百合子都知事の服装がテーマになっていました。ドン小西がファッションをチェック。テーラードジャケットをどれだけ沢山持っているんだろうと話題にのぼり、300着以上はあるはずと推測していました。

中でも9月30日の定例会見で身につけていた大粒パールのネックレスに注目。今年はマダムのあいだでジャケットに大粒パールが流行りそうとの予想です。

 

f:id:otona12:20161003114449j:plain

 

テーラードジャケットとは、襟があってカチッとした印象のメンズライクな上着のこと。基本のカラーは黒や紺、グレーが殆どです。でもその「カチッとした」がネックになり、スーツで着る以外のコーディネートは難しいかもしれません。

 

私もクローゼットで持て余しているのが、下の画像、アンタイトルのスーツです。このまま着るとクラブの「黒服」みたいなので、ジャケットだけを役立てたいのですが、丈が長めだしカチッとしすぎているのが問題です。

 

f:id:otona12:20161003115701j:plain

 

この手のオーソドックスすぎるジャケットは、丈の長さを逆手に取るコーディネートを考えます。スカートは膝上、インナーも靴もヌーディーなカラーにして、ボディラインをコンパクトに。視線が上に集まるよう大粒パールのネックレス(もちろん偽物です)を持ってきます。黒服には見えないでしょう?

 

 

 

 

f:id:otona12:20161003115926j:plain

 

下のコーディネートはパンツ編。セットになったフルレングスのパンツではなく、縦のラインが間延びしないよう、クロップ丈のパンツを合わせます。ジャケットの袖は折り返して、中に着たダンガリーシャツのブルーをメインに見せると、くだけたイメージで都会っぽくなります。

 

f:id:otona12:20161003120319j:plain

 

生地と仕立てのよい服なら、上手に着こなせば断捨離する必要はありません。インに着るカットソーやシャツなどサブアイテムの組み合わせで、まだまだ10年はキープするつもりです。