読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


流行のガウチョパンツは買いません

私が住んでいる逗子では、老いも若きもTシャツに短パン姿が目立ちます。仕事で都心に出向いて驚くのは、流行のファッションに身を包んだ女性の多いこと。見ているうちに、やっぱり買うべきかと悩むのがガウチョパンツやスカーチョといった、パンツとスカートの合体したボトムです。

 

でも私の予測としては流行が続くとは思えず、演歌歌手の袴みたいな形は不思議で、今年限りのものに投資したくありません。面積の広いものはプチプラじゃなくて、何年も長持ちするものをお金を惜しまず買うのがポリシーだからです。

 

従って手持ちのボトムで我慢。流行の共通点である「長い丈」に焦点を当てることにしました。そしてトレンドのマルチボーダー(複数の色が混じった横縞)。

下の画像、ミッソーニ・スポーツのニットスカートは20年以上履いているお気に入りで、ウエストがゴムなのはもっとお気に入り(笑)。ゆるんできたらユザワヤで替えのゴムを買って、自分でメンテしています。

 

f:id:otona12:20161005170650j:plain

 

このスカートは着こなしの幅が広いのです。下のコーディネートは、紺ブレの中にポリエステルのとろみブラウスを着て大人っぽく、ディナーもOKなスタイルにしてみました。

 

 

 

 

f:id:otona12:20161005170957j:plain

 

ブランド服はスカートだけで充分なので、シャツとカーディガンはGUのプチプラにしたのが下。マルチボーダー・ボトムのコーディネートは、最も少なく入っている色に焦点を当てて、トップスやベルトを同じ色にすると、おしゃれ上級者に見えます。

 

f:id:otona12:20161005170806j:plain

 

そして次。ダンガリーシャツは後ろの裾をインにして、中にはアバクロのグラフィティTシャツをのぞかせます。シューズは裸足にスニーカーでカジュアルな抜け感。一歩間違えばダサダサになる異テイストなものを集合させた着こなしも、マルチボーダーのロングスカートだから可能になります。

ゴムがゆるんでも捨てなくて良かったなと、ミッソーニさんに感謝です。

 

f:id:otona12:20161005171710j:plain