歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


グレーの同系色で作る立体感コーディネート

服の色ならブルーが大好き。春夏はブルーの同系色アイテムを組み合わせて、グラデーションのおしゃれを楽しんでいます。でもさすがに秋冬だと寒々しくて、ベーシックカラーを変えるときが来たようです。

 

40代女性向けファッション誌、エクラ(eclat)の11月号の特集は「品格グレー」。大人を優しく美しく見せる定番色、「グレー」のコーディネートが載っています。

 

f:id:otona12:20161008132648j:plain

 

一口にグレーと言っても、素材や色合いは百通り。地味にならないよう、全身を同系色でコーディネートする着こなしを、手持ちの服で考えてみました。

 

とろみ感があるボウタイ襟のブラウスは、メーカーズシャツ鎌倉のシルバーグレー。ミドルグレーのウールパンツ、チャコールグレーのクルーネック・カーディガンはTheoryの定番です。

 

f:id:otona12:20161008132928j:plain

 

グレーの同系色コーディネートを成功させるコツは、立体感を生み出すこと。中から外に向かうほど色を濃くしていくと、絵画のような奥行きが出ます。なので肌に近いブラウスには、淡いシルバーグレーを持ってきました。

 

 

 

 

さらにジャケットを着るなら、もっと濃いめのグレー。もっさりしないように、ウエストに若干シェイプの入った、短め丈のものを合わせています。

 

f:id:otona12:20161008133814j:plain

 

最後の仕上げは、アウターに真っ黒を持ってくること。吟味に吟味して、一生ものと決めて買ったラルフ・ローレン BLACK LABELの大判ストールを羽織りました。薄手ですが、真冬でも暖かいウールです。

 

f:id:otona12:20161008133928j:plain

 

足元は黒のストッキングに黒の靴。わざと抜け感をなくすコーディネートも、グレーでは見栄えが良いと思います。