歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


アイブローペンシルの色を変えました

メイクの中でも重要なポイント、眉毛をどう描くかによって顔の印象は大きく変わります。私の場合はあまり形を整えない太眉。キャンメイクのアイブロウペンシルを自己流で描き足す程度です。

 

www.connoisseur12.com

ところが先月、大人のメイク教室に行ったとき勧められたものにビックリ。私にはダークブラウンではく、オリーブ色のアイペンシルが似合うと言われたのです。

 

子どもが駄菓子を買うように、ドラッグストアでプチプラコスメを買うのが楽しみな私は、それからというもの、オリーブ色を探す楽しみが増えました。やっと見つけたのはカーキ色。簡単にナチュラルな眉が描けるという、メイベリンの「ライン アンド デザイン アイブロウ」です。

 

f:id:otona12:20161019104751j:plain

 

f:id:otona12:20161019104805j:plain

 

本当はアイブロウパウダーと併用しなきゃいけないんですが、カーキ色のパウダーは売っていないので、ペンシルだけで描いてみたのが下の写真です。大人のメイク教室で習った通り、「太め」「短め」「ストレート」を念頭において描いてみました。

 

 

 

 

f:id:otona12:20161019222719j:plain

 

そして今日は午後からスチール撮影があり、メイクさんが描いてくれたのが下の眉。ここでも茶色ではなく、グリーン系のアイブロウペンシル&パウダーを使っているんです。さすがにプロは色選びが的確なんですね。

 

f:id:otona12:20161019222735j:plain

 

もう一つ若々しい眉の秘訣は、眉毛の下側にアイブロウペンシル&パウダーを描き足すこと。なぜなら加齢とともに、眉毛と目との距離は広がっていくので、間を縮めた方がマイナス5歳の眉になるのだそうです。

たかが眉、されど眉。顔のパーツひとつで印象が変わるのだと驚きました。