歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


学生時代に回帰する大人のプリーツスカート

学生時代は、制服のプリーツスカートと革靴から早く卒業したいと思っていました。ところがこの年齢なると、少女の頃に戻りたい症候群なのでしょうか、なぜか着てみたくてたまりません。

 

若作りと言われないようミディ丈のプリーツスカートと革靴(おじ靴)を着こなすにはどうすれば良いか。ユニクロで売れ筋のハイウエストプリーツミディスカートと、ルタロン(Le Talon)のメダリオンレースアップで試してみました。

 

まずは似合ってないNGな例。スタンダードな綿シャツに、ベージュのカシミアカーディガン、パールのネックレスをコーデしてみたら、地味すぎて昔の学校の先生みたいです。おしゃれとは言えませんね。

 

f:id:otona12:20161102190258j:plain

 

大人の女らしくもっとセクシーに。インに着るのは綿シャツではなく、とろみ感のあるブラウスにします。真っ赤なZARAのVネックブラウスに、短め丈の紺ジャケットを重ねました。紺色のフェルトハットをかぶって、首には学生時代への回帰でチェックのマフラーを巻きます。

 

f:id:otona12:20161102190522j:plain

 

同じように、ブルー系のとろみブラウス(メーカーズシャツ鎌倉)を着て、Theoryのローゲージニットジャケットを着たのが下のコーディネート。首に巻いたパタゴニアのマフラーと同じ水色で、足元のアーガイルソックスを合わせてみました。

 

 

 

 

f:id:otona12:20161102193010j:plain

 

どこか清楚さを残して着たいプリーツスカート。マフラーやソックスで若かりし頃を表現するのが隠し味です。