読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


通信販売で買えるシミ治療の医薬品

2カ月間続けた頬のシミ取り治療を10月半ばに終了してから、1か月が経ちました。塗り薬をやめるのは不安でしたが、シミの復活はありません。いや、治療中よりもさらに薄くなったような。

 

f:id:otona12:20161122180344j:plain

 

↓ これが1か月前の記事です。

www.connoisseur12.com

塗り薬はやめても、美白用の飲み薬(シナール配合錠、トラネキサム酸錠、ハイチオール錠、ビタミンE錠)は続けていたのですが、もう飲み切ってしまいました。

美容皮膚科で処方してもらうと、かかる費用は再診料と処方箋料が2000円ぐらい、さらに調剤薬局で1カ月分が4,000円(自費負担)です。ほとんど問診もなく、処方箋だけ書いてもらうのが面倒になりました。

 

f:id:otona12:20161122180719j:plain

 

医者に行かなくても買えるものをAmazonで検索したところ、通信販売で購入可となった第三類医薬品を発見。シオノギヘルスケアから出ている「シナールLホワイト2」が良さそうです。ビタミンCだけでなく、L-システインパントテン酸カルシウムが配合されて、200錠が1,889円。一日6錠ずつ飲むので、一カ月分の量になります。美容外科で処方してもらう1/3の値段で済みます。さっそく購入。

 

 

 

 

 

f:id:otona12:20161122182448j:plain

 

f:id:otona12:20161122182510j:plain

 

f:id:otona12:20161122182540j:plain

 

これまでのシナールLホワイトに比べると、飲む回数が一日3回から一日2回になっています。ハイチオールよりも、アスコルビン酸(ビタミンC)の量が2倍。野菜やフルーツだけでは摂りきれないビタミンCを補充するのにはピッタリです。

 

まずはこれを1か月飲んでみて、美容皮膚科の処方薬と比較してみることにします。私のシミは肝斑じゃないのでトラネキサム酸錠は要らないし、毎日のサラダにはオリーブオイルをたっぷりかけているので、ビタミンE錠も要らないはず。飲むのを忘れがちな薬の量はできるだけ減らして、美肌を目指すことにします。