歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


ボコボコになったフェイスラインを鍛えるエクササイズ

顔が老化してくると、法令線やマリオネットラインといった深いシワができてきます。私は幸いにも、口元のシワはそれほど目立たないのですが、あごのラインがゴツゴツしてきたのが気になっています。

 

f:id:otona12:20161128183411j:plain

 

これがマリオネットラインというもの? 寄る年波は隠せない?

 

 

腹話術の人形みたいな顎になるのはどうしてでしょう。調べてみたら、首の肉を支えている広頚筋(こうけいきん)が衰えてくると、顔の重みを支えきれずに、たるみが生じてフェイスラインがボコボコになるのだそうです。

 

広頚筋は、下あごから上胸までに伸びる幅の広い筋肉。これを鍛えるには、下記の広頚筋エクササイズを行います。

 

 

 

 

1.背筋を伸ばして正面を向いたら、顔を5秒間かけて上げて、真上を向く。

2.下あごと下唇をゆっくり5秒間かけて突き出していく。

3.下あごと下唇を突き出した状態で5秒間キープ。

4.5秒間かけて元の状態に戻す。

5.1~4までを1日3回繰り返す。

 

マリオネットラインができる場所には、口角下制筋(こうかくかせいきん)といって口角から下に向かって伸びる筋肉がありますが、こっちは鍛えると逆効果で、口角がへの字のブルドッグ顔になってしまいます。

 

その反対に、口角挙筋(こうかくきょきん)という口角を上げる筋肉を鍛えるのがベター。口角挙筋は、小鼻の横から口元にかけて顔を縦断している筋肉ですが、口角下制筋に比べると小さくて力が弱いのです。

 

口角挙筋が衰えないようにするには、口をキュッと結んで口角を上げるエクササイズをします。モナリザのようにいつも微笑んでいる癖をつけるのも良いですね。

 

f:id:otona12:20161128191046j:plain

 

パソコンやスマホを見て下ばかり向いていると、どんどん崩れていくフェイスライン。メイクでは誤魔化せないブルドッグ顔にならないよう、意識してエクササイズを心がけたいと思っています。