歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

本物の毛皮よりも堂々と着られるフェイクファー

年末のパーティーシーズンに入ると、ドレスの上に着るコートに悩みます。ミンクやフォックスなどリアルファーを着ればゴージャスなんでしょうけれど、気張り過ぎた感じが否めません。

 

私は毛皮のコートをほとんど断捨離してしまい、残っているのはミンクの丈違いが2枚だけ。それもここ10年は袖を通すことなく、今年はフェイクファーのリーズナブルなハーフコートを購入しました。

 

f:id:otona12:20161128192354j:plain

 

素材はアクリル80%、ポリエステル20%。汚れたらドライクリーニングに出せるので、安心して真っ白を選びました。毛皮だからとラビットを着ているよりも、いさぎよいと思います。

 

下の画像はラグジュアリーなSAGAミンクのコートですが、なんだかオバサンくさい。フェイクファーの方が若々しく元気に見えます。

 

f:id:otona12:20161128192652j:plain

 

f:id:otona12:20161128194920j:plain

 

ファッションアイコンとして女の子の憧れの的のローラは、インスタグラムで「I don't wear real fur(私は毛皮を着ない)」とコメントしていました。動物愛護の風潮が高まっている今は、人気ブランドからもフェイクファーのおしゃれなコートが沢山売り出されています。

 

下の画像はZARAのフェイクファーで、1万数千円で買えるのは魅力的。ZARAは毛皮に反対する国際連盟に賛同しているのだそうです。

 

 

 

 

f:id:otona12:20161128194238j:plain

 

昔は偽物だとバレるのが恥ずかしい意識がありましたが、今は本物の方が白い目で見られたりもします。あたたかくて軽くて、着心地が良くて、今っぽいデザインなら尚さらOK。フェイクに自信を持ってドレッシーにもカジュアルにも、どんどん着て出かけようと思っています。