歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


大人ウケするヘリンボーン素材のジャケット

逗子にいるときはいつもカジュアルな服装の私ですが、都内で会議のある日にはジャケットを着用していきます。クライアントから評判がいいのは、ヘリンボーン(杉綾織り)のジャケット。ニシンの骨みたいな山形が入り混じった模様で、高級紳士服でよく使われている素材です。

 

この服はセオリーリュクス(Theory Luxe)のスーツですが、上下とも着ると堅苦しい雰囲気。中に黒のタートルを着るのも、ありきたりな感じがします。

 

f:id:otona12:20161130185749j:plain

 

パンツはやめて、ユニクロのプリーツスカートを履いてみました。中にはダンガリーシャツを着ていますが、ベルトとスカーフをプラスすることで、きちんと感が出ます。

 

f:id:otona12:20161130190107j:plain

 

もっと派手にしたいときは、ZARAの真っ赤なとろみブラウスと、赤いビーズネックレスでビビッドに。ヘリンボーンの堅苦しいイメージを和らげてみました。

 

 

 

 

f:id:otona12:20161130190335j:plain

 

防寒対策はどうするか。ジャケットの生地が厚いので、普通のコートを着ると暑いかもしれません。下のコーデは、ダナキャランのコーディガンを羽織って、カシミアの水色ストールを差し色にしました。ヘリンボーンのオーソドックスさを残しつつ、女らしさを匂わせる着こなしで、会議に行ってきまーす。

 

f:id:otona12:20161130190757j:plain