歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

苦手な色を味方に付ける配色

去年までは似合っていたadd(エーディーディー)のダウンジャケット。年齢と色がマッチしなくなったのでしょうか、今年着ると顔が寂しく見えるようになりました。

 

f:id:otona12:20161214201908j:plain

f:id:otona12:20161214201704j:plain

 

極寒地で生まれたaddは、100%ヨーロッパ産ダウンを使ったミラノのブランド。ウォータープルーフ加工もされているので、捨てるには忍びないのです。

 

こんなときにはマンセル色相環という色の輪から、適した配色を探します。色の明度や彩度によってそれぞれの色は微妙に違ってきますが、基本は下の画像です。

 

f:id:otona12:20161214202312j:plain

 

私のダウンジャケットは砂色で、5Yと10Yの間ぐらい。近くにある同系色は一般的に似合う色ですが、パッと引き立つような派手さがありません。そこで180度反対にある補色を使って、若々しさをプラスします。

下の画像は、5Bに近い色を中に着てみました。顔色が明るくなります。

 

 

 

 

f:id:otona12:20161214203202j:plain

 

でもこれだけじゃ、まだ物足りない。そこでもう一種類、緩衝色を間に挟むのです。緩衝色とは白、黒、グレーのモノトーンで、何にでも合う色です。

 

砂色のダウンジャケットとブルーのセーターとの間に、白のパーカーを入れてみました。反対色のぶつかり合いが和らいで、おしゃれ度が増します。

 

f:id:otona12:20161214203620j:plain

 

今年の冬はあまりにも寒いので、たとえ色が似合ってなくても、機能的なダウンは捨てたくありません。手持ちの服を上手に組み合わせて、脱・断捨離。質とデザインの良い物は長く着たいと思います。