歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


贅肉を華奢に見せるニットの選び方

この冬はオーバーサイズニットが大流行しています。彼氏のセーターを借りたみたいに、華奢な体つきに見えるのがメリットですが、シニア年代にはちょっと難しいかも。箪笥の奥から出してきた古着に見られがちで、カジュアル感が「ゆったり=だらしない」イメージになるのです。

 

私のような年代で身体付きを華奢に見せるにはどうすれば良いか。気付いたのはニット生地の厚みとデザインでした。全体的に大きいサイズを買えば華奢に見えるわけではなく、腕やウエストが程よくシェイプされ、チープに見えない程度に薄めな生地がベターだと思います。

 

下のセーターは、7000円ぐらいで買ったウール100%のMサイズ。前は短め・後ろは長めの丈なのでウエストが細く見えますし、袖は長くて二の腕よりも袖口のほうが広いので、腕はほっそりと見えます。

 

f:id:otona12:20170108171603j:plain

 

下のセーターは肉厚のカシミア100%でMサイズ、3万円ぐらいでした。ぼってりしてアームホールがたくましい。身体が泳ぐというよりは生地が良すぎて身が詰まった感じがするので、Sサイズを買えば良かったと後悔しています(それにしても、袖とウエストのリブ編みが着太りを増長しますが)。

 

 

 

 

f:id:otona12:20161216171802j:plain

 

両方の生地を近くで見るとこんな感じ。もしもカシミア100%で、上のニットの厚みとデザインだったら、一生ものとして買いますね。

 

f:id:otona12:20170108175204j:plain

 

高かったのにスタイルが悪く見える服を、我慢して着るのは止めました。一方で見るからに安っぽくて年甲斐のない服も着ません。何回も失敗して箪笥の肥やしを増やした経験からすれば、エルメスユニクロも同列。ブランドタグだけで選ぶことが無くなった自分を褒めてあげたいと思います。