歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


女性の誰にも言えない悩み「尿もれ」

今だから言えること。2年ほど前に、密かな悩みを抱えていました。予期しない尿もれです。くしゃみをしたり、重いものを持ち上げたり、ふとした瞬間に「あっ!」と思う失敗をするのです。

 

最初は薄いパンティライナーを着けていたのですが、これじゃ吸水能力が足りないかもしれないと、ドラッグストアに行ってはいろんなメーカーの製品を買ってきます。不安にかられて予防のために、どんどん厚みのあるパッドが増えて、もう完全なおばあちゃんになったのだと泣きたい気分でした。

 

f:id:otona12:20170206191806j:plain

 

ところが尿もれの症状は、あることをきっかけにピタリと止まりました。このブログをスタートした一番目の記事に書いた「禁酒」です。

 

 

 

 

アルコールを断って1カ月もしないうち、見る見る体重が落ちるとともに、尿もれからはみごとに遠ざかりました。試してガッテン!でやっていた体操などしていません。

それから1年が経った今では適度な飲酒を解禁していますが、くしゃみはもちろん、トイレを我慢した宴席の後でも大丈夫です。

 

www.connoisseur12.com

人間には「抗利尿ホルモン」といって、体内に水分を蓄えておくためのホルモンが備わっています。ところがアルコールを飲み過ぎると抗利尿ホルモンの働きが鈍くなり、どんどん水分を体外に放出してしまうのだそうです。女性は尿道が短いので、筋肉が緩んだ弾みで失禁しやすくなるんですね。

 

また失敗したらどうしようと神経過敏になって、仕事に集中できなくなったり、うつ状態になっていく場合もあると言います。袋を開けて一枚使っては次の製品へと、たぶん必要なかったのにパッドを溜め込んでいた私の場合は、アルコールと人間関係のストレスで、自分を追い込んでいただけでした。

 

今や女性の4人に1人が尿もれの悩みを抱えているとか。おうちコープのチラシをめくっていると、やたら尿もれパッドのコーナーが広くなってきました。根拠の薄い高価なサプリメント等に頼るよりは、心と身体の専門家に相談したほうが対策は見つかるはず。尿もれの原因は人それぞれで、意外とすぐに治ることも多いのです。

 

f:id:otona12:20170206194026j:plain

 

いつかその日が来た時のためにパッドを取っておくのは止めて、勿体なくても全て断捨離。まだ当分は、おばあさんにはなりません。