歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


肩凝りしないおしゃれなリュックを仕事にも

もう一つのブログに書いたのですが、目下の悩みは腕のしびれ。太った猫を腕枕したことによるものです。打ち合わせに出向くにも、仕事道具を詰めたバッグを下げるのがつらく、原稿書きの肩凝りまで加わってきました。

 

odayuriko.livedoor.biz

他に替わるものは?とネットを探していたら、身体に負担がかからないヘルシーバックバッグ(HEALTHY BACK BAG)というものを発見。肩に偏りがちな重さを分散させるために、人間工学の視点に基づいて作られたナイロンのリュックだそうです。

 

f:id:otona12:20170223145831j:plain

ヘルシーバックバッグ(HEALTHY BACK BAG)

 

これならオフィシャルな場にも使えそうと、9色の中から迷いに迷って「プラム」を注文しました。黒だと平凡だし、黄色やピンクだとスーツを着たときに派手すぎます。

届いたのはこれ。上品な風合いで、中には機能的なポケットが幾つか付いています。外側のポケットは二重構造になっていて、いちいち中を開いて物を取り出さなくて済みそう。11,880円は高いかなと思いましたが、これなら納得です。

 

f:id:otona12:20170223150439j:plain

 

f:id:otona12:20170223150640j:plain

 

で、どう見えるかの画像です。今まで愛用してきたのがガーデンパーティーとは言え、エルメスの代わりに持つのですから不安があります。さっそくパオラフラーニのスーツに合わせてみました。もちろん仕事道具はそのまま全て詰め込んでいます。

 

 

 

 

f:id:otona12:20170223172110j:plain

f:id:otona12:20170223172212j:plain

 

やっぱり渋い色にして大正解。リュックらしくないのに、両手が自由になるのが嬉しいし、バッグをくるっと回せば必要なものをすぐに取り出せます。

 

ママが気に入ったものは、与六も気に入る。誰のせいでこれを買ったと思ってるんでしょうね。

 

f:id:otona12:20170223172609j:plain

「ニャにか?」