読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


体育系にならないベースボールキャップのコーデ

4月も半ばになると、どんどん紫外線が強くなります。ヨットに乗っている私は日焼け防止にキャップを沢山持っているのですが、今年は一つおしゃれ用を購入しました。といってもGUで590円のプリントべースボールキャップ。ペーズリー柄が大好きなので、迷わずゲットしました。

 

 

f:id:otona12:20170414005247j:plain

私の年齢で、タウン用にキャップをかぶるとき、気を付けたいのはカジュアルになりすぎないこと。丸首のトップスは体育の時間みたいになるので着ません。

 

ペーズリー柄がブルー系なので、カットソーにも青を入れます。わざとボーダーにして、まとまり感を色だけに頼るのがおしゃれのテクニック。インディゴのデニムジャケットで引き締め、ユニクロのジョガーパンツには水色のパンプスを履きます。

 

f:id:otona12:20170414011234j:plain

 

ベースボールキャップは、できるだけ目深にかぶります。額を出して可愛くかぶるのはティーンエイジで卒業しました。

 

GUの白いUVカットカーディガンとコーデしてみます。下にはノースリーブの白Tシャツを着て、胸元は開け気味に。キャップをかぶるときは、胸元がVラインに開いていたほうが大人っぽくなるのです。ただし日焼け止めをたっぷり塗るのを忘れずに。

 

 

 

 

f:id:otona12:20170414011905j:plain

 

ボトムスはベージュに白ストライプのコットンパンツを履きました。帽子の水色とパンツのベージュは相性がいいので、わざとストライプをプラスして遊びの要素を入れています。その分、ミネトンカのスエードモカシンは水色にして、頭と足でバランスを取りました。

 

UVカットクルーネックカーディガンは、白、黄色、紺の3色を大人買いして、大いに役立っています。ボタンの留め方ひとつで雰囲気が変わるのが、クルーネックの楽しいところですね。

 

www.connoisseur12.com