読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


お土産にワインを包むマル秘テクニック

自宅でお酒を飲まなくなった私は、友人宅にお呼ばれしたとき、戸棚のワインを持って伺うことにしています。割れないためのワインバッグが無くなったので、思いついたのは晒(さらし)の布に包むこと。仕上がりはこんなふうになります。

 

f:id:otona12:20170415192522j:plain

 

使うのは60cm角の薄手ガーゼ。繊維製品の老舗、吉田織物の商品です。アマゾンだと10枚セットが3,472円で売っています。

 

f:id:otona12:20170415192820j:plain

包み方その1。

布をダイヤ型に広げて、片端にボトルを置きます。

 

 

f:id:otona12:20170415193027j:plain

 

くるくると巻きます。

 

f:id:otona12:20170415193203j:plain

 

端を絞りながら、ボトルの口のところに持ってきます。

 

f:id:otona12:20170415193248j:plain

 

両端をキュッと固結びにすれば出来上がり。

 

f:id:otona12:20170415193447j:plain

 

包み方その2。

もうちょっと高度な方法です。2本ぐらいを包むときにいいかも。

 

 

 

 

布をダイヤ型に広げて、ボトルを真ん中より少し上に置きます。

 

f:id:otona12:20170415193528j:plain

 

上下の端を折ります。

 

f:id:otona12:20170415193645j:plain

 

左右の端を持ち上げて、くるくると巻きます。

 

f:id:otona12:20170415193725j:plain

両端をキュッと固結びにすれば出来上がり。

f:id:otona12:20170415193827j:plain

 

昭和11年開業の吉田織物は、食品・厨房用の繊維織物の専門店で、新潟県にある老舗。WEBサイトを見ると従業員数は5名と書いてあります。本当にいいものを少数精鋭で作っているんですね。

今回使ったガーゼは、だしをろ過するための「だしこし布」。煮干しだし、カツオだしを取るときに本領を発揮します。ワインボトルをプレゼントするときに、一言添えてあげると喜ばれますよ。