歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


ボタン付きロールアップシャツは買わない

カジュアルな長袖のシャツは、よっぽどのことがない限り、ロールアップして着るものと決めています。ただし袖のまくり方は、2段階に折り込む1.5折り。やり方は下の記事に載せています。

 

www.connoisseur12.com

1.5折りの良さは、ロールアップした袖が落ちてこないこと。なのでボタンと留め紐の付いたシャツ(ロールアップシャツ)は着ないことにしています。下の画像はその昔に買って失敗したもの。

 

f:id:otona12:20170421025544j:plain

 

このタイプのシャツは、袖をまくる長さが作り手によって勝手に指定されています。つまりセンスも人まかせ。たいていが肘のあたりまでロールアップするので、夏のサラリーマンが腕まくりしている長さになって、なんだかオッサンくさいのです。比較してみますね。

 

 

 

 

まずは指定位置のボタンで留めてロールアップした袖。

 

f:id:otona12:20170421025745j:plain

 

こちらはボタンを使わず、1.5折りでロールアップした袖。

 

f:id:otona12:20170421025915j:plain

 

ほんの少しの長さが変わるだけで、女らしくなります。特にチノパンツを履くときには、オッサンにならないための大事なポイントです。

 

ロールアップシャツはボタンの下に土台の布が付いているので、外すのは無理。無視して着ると、ベロンとした紐が垂れてきます。服には便利な仕掛けなんか要りません。できるだけシンプルで、自分なりにアレンジできるシャツがいちばんだと思います。