歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

クラシカルな千鳥格子が流行りそうな予感

子どもの頃、母が着ていた服の記憶からでしょうか、私は懐かしい雰囲気のする柄物が大好きです。水玉やチェックはもちろん、流行の再燃を願っているのは千鳥格子。発祥の地イギリスではハウンドトゥース(猟犬の牙)チェックという呼び名もあるそうです。

 

何度もゴミ袋に入れては、思い直して取ってあるのが、MAXMARAで20年前に買った千鳥格子のパンツスーツ。昭和っぽい雰囲気です。

 

f:id:otona12:20170514165348j:plain

 

上下で着るとこんな感じ。パールのネックレス&ピアスをして、お嬢様風に着こなすと、何だかイケてる気がしてきました。スーツはほとんど着ないのですが、ジャケットの丈が短いので、利用価値は高そうです。

 

f:id:otona12:20170514165459j:plain

 

ジャケットをユニクロの「ハイウエスト ドライストレッチ タックスカート」とコーデしてみます。サッシュベルトでウエストマークすると、クラシカルな雰囲気です。

 

f:id:otona12:20170514171501j:plain

 

千鳥格子って難しいと思っていましたが、意外に何にでも合うんですね。今度はパンツを、ユニクロのドレープタンクブラウスとコーデしてみましょう。

 

 

 

 

f:id:otona12:20170514170106j:plain

 

カジュアルダウンも大丈夫。GUのセールで去年、790円で買った赤いベストに合わせてみます。シューズはルタロンのおじ靴にして、トラッドなテイストに。チェックよりも小粋な千鳥格子が、きっともうすぐブームになる気がしてなりません。

 

f:id:otona12:20170514170408j:plain