歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


ワンピースに着るカーディガンはウエスト丈で若返り

一年を通して、カーディガンは手放せないアイテムです。でも着こなしが難しいと感じるのは、ワンピースの上に着るとき。例えばこのデニムワンピを例にとってみましょう。

 

f:id:otona12:20170608210210j:plain

 

 

Dolce&Gabbanaドルチェ&ガッバーナ)らしいデザインの、とてもタイトなワンピです。脇肉がはみ出るのが気になって、上に羽織るカーディガンは必須です。

 

まずは似合わない例。GUで色違いを大人買いしたUVカットカーディガンをコーデしてみましょう。ワンピースのデザイン性が死んでしまい、事務員のオバサンみたいになりました。カーディガンのサイズはSなのに、だぶついて太って見えます。

 

f:id:otona12:20170608210548j:plain

 

どこが問題か。いちばんダメなのはカーディガンの丈なのです。ワンピにコーデするなら、裾がウエストまでか、さもなきゃロングカーディガンでないと、あか抜けない人になってしまいます。

 

下のコーデは、Liu Jo(リュージョー)のコットンカシミヤのカーディガン。裾がカシュクールでウエスト丈なので、モッサリせずに、くびれができます。

 

f:id:otona12:20170608211228j:plain

 

冬なら厚手のニットでもおしゃれなのですが、夏場は繊細な生地のほうが、ワンピの上にはマッチします。次のコーデは、軽くて薄いポリアミドのカーディガンを着てみました。

 

 

 

 

f:id:otona12:20170608211929j:plain

 

PAORA FRANI(パオラフラーニ)で買って、10年以上は着ている黒のカーディガン。伸縮性があるので、いくらでも身体が収まります(笑)。ウエストの位置が分かるカーディガンを着ることが、ワンピースを現役に戻すコーデだと思っています。