歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


顔に似合わないスカーフはベルトにしてウエストマーク

何だか顔映りが悪くなったスカーフ、もう派手すぎると思うスカーフを箪笥の肥やしにしていませんか。でも捨てるのは勿体ない。一度は気に入って買ったのだから、活躍の場をあげましょう。

 

サッシュベルトやリボンベルトで、ウエストマークする着こなしが流行している今、手持ちのスカーフをベルトにする絶好の機会だと思うのです。長いストールが全盛になって、正方形のスカーフは利用度が減ったかもしれませんが、細く折ってベルトループに通すにはちょうどいい形をしています。

 

f:id:otona12:20170616190613j:plain

 

たとえば下のコーデ。シンプルなTシャツにメッシュのベルトをしていますが、物足りなくて平凡です。かと言って他に適当なベルトがないときこそ、スカーフを使います。

 

f:id:otona12:20170616190854j:plain

 

モノクロの正方形スカーフを折って、端っこの黒い部分をアクセントにしてベルト使いしました。Banana RepublicのTシャツ、GAPのパンツがワングレード上がりますよね。

 

f:id:otona12:20170616191049j:plain

 

ユニクロのブラウス、ディーゼルのデニムパンツに、モスキーノの派手なスカーフをあしらったのが次の画像です。

 

 

 

 

f:id:otona12:20170616191314j:plain

 

ローライズ気味のパンツなので、これがもしベルトだったら、ウエストがとても太く見えてしまいます。スカーフにしておけば、お腹いっぱい食べてボタンが弾けそうになっても目立ちません(笑)

 

首に巻かなくてもスカーフは、バッグの持ち手に巻いたり、ヘアアレンジのターバンにしたり、たくさん活用してあげたいアイテム。似合わない色でも顔から離せば、きっと引き立つポジションが見つかりますよ。