歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


ウエストリボンの服には年齢制限があるのを発見

梅雨の季節にインスパイアされて、紫陽花色のお洋服が着たくなり、久々に TO BE CHICのワンピースに袖を通しました。しかし、どうしたことでしょう、首から上と全然マッチしていないのです。

なんだか田舎くさく、しかも老けて見えます。

 

f:id:otona12:20170626190215j:plain

 

原因はすぐに分かりました。ウエストに巻いたリボン。ワンピースをさらに華やかにする附属アイテムなのに、昭和のファッション雑誌からタイムワープしてきたみたいです。

 

リボンを外してみましょう。キュッと締まった感じではなくなりますが、ずっと若々しく見えます。

 

f:id:otona12:20170626190628j:plain

 

女も中高年になれば、ウエストについた肉はそう簡単には落ちません。いろいろ溜め込んだ部分をリボンで強調したら、ともすれば関取のまわしになってしまいます。ひらひらした飾りは外して、歳をとるほど引き算が必要なんですね。

 

次のコーデも似たようなもの。コントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)の涼し気なミニワンピースですが、やはりリボンが付属していました。取りあえず巻いた写真を載せます。

 

 

 

 

f:id:otona12:20170626191523j:plain

 

前の写真のワンピよりは違和感がないのですが、あえてリボンが必要だろうかと思います。やっぱり引き算を適用しましょう。

 

f:id:otona12:20170626191756j:plain

 

このほうがスリムに見えませんか? 胸元のボタンもフルに外して、顔の下に縦長のVラインを作りました。

 

贅肉が気になる年齢になったら、強調すべきはウエストではありません。女が最もセクシーに見えるデコルテラインをアピールしましょう。

そのためにも日焼け防止は大事。シミソバカスやシワシワが目立つデコルテにならないよう、顔のお手入れと合わせてデコルテにも、美容液を塗ってあげてくださいね。