歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


シンプルな服を普通に着ることの新鮮さ

仕事で徹夜明けのあと、午後から会議でした。コーデを考える時間がなかったので、無難な服を適当に選んで着たら、なんかいつもと違うのです。

 

ジャケットはOK、インナーもOK、あれっ、パンツにベルト通しがない。黒のパンツはセオリー(Theory)が好きで、太さが違うのを何本か持っているのですが、いつも最後にベルトを選んでまとめるのが、私のスタイリングだったのです。

 

GUのシンプルなTシャツに、ベルトなしのパンツなんて、地味すぎるるよね?と思ったら、意外や意外。しかも前裾を出す着方ではなく、すべてウエストインした着方なのに、これも悪くないのです。家に戻ってから写真を撮りましたのでアップしますね。

 

f:id:otona12:20170629030354j:plain

 

ベストマッチだったのが、値下げして590円だったウォッシュドクルーネックTです。洗い加工が入ってヴィンテージ感があるのですが、白だけは別。小さな胸ポケット&ちょうどいい胸の開き具合が大人っぽくて、シンプルなパンツと一緒に相乗効果をもたらしたのでした。

 

f:id:otona12:20170629031447j:plain

 

今日はこの上に、マックスマーラMAXMARA)のジャケットを着て出かけました。ベルトをしない代わりに、ホアキンベラオのペンダントだけを目立たせます。

 

f:id:otona12:20170629031216j:plain

 

トップスをウエストインする着方が新鮮に思えて、もうひとつシンプルなコーデをしてみました。質感の違う黒のアイテムを組みあわせます。

 

 

 

 

f:id:otona12:20170629031643j:plain

 

上に着たのは光沢のあるシルクサテンのブラウス。光る黒は品がよく見えるし、ボトムスにも黒を履いても地味にならないのが好きです。

組み合わせるピアス、ビーズネックレス、パンプスはすべて赤にして、できれば口紅もピンクじゃなくて赤にすると、アバンギャルドな雰囲気です。

 

服には過度な装飾を求めず、シンプルなものをいかに高見せするかが、近ごろの私のテーマになりました。