歳を隠すのをやめました

大人の目利きファッションとミニマム美容

スポンサーリンク


ブラックスーツには白シャツよりも柄物のニュアンストップス

今日は超オフィシャルな会議があって、滅多に着ないブラックスーツで出かけました。麻とレーヨン混紡なので真夏でも涼しいし、さすがTheory(セオリー)、奇をてらわないデザインが単体でも大いに役立つスーツです。

 

黒のスーツを着るとき、無難なラインでコーデしてしまうのが白のシャツですが、私はあえて着ません。定番すぎて周りに埋没してしまうし、スーツに合わせるとビジネスライクになりすぎ。まかり間違うとディスコの黒服みたいになります。

 

下のシャツはメーカーズシャツ鎌倉ですが、オーソドックスすぎてオバサン丸出し。

 

f:id:otona12:20170705234439j:plain

 

同じ白でも許せるのは、ニュアンストップス。下で着ているのはGUで4月に買ったレイヤードTで、薄いジョーゼットと透けないポリエステル生地の2枚仕立てになっているものです。前の裾をインして、ふんわりと女らしく。夏なのでシルバーメタリックのビーズネックレスをして、クールに見せます。

 

f:id:otona12:20170705234702j:plain

 

f:id:otona12:20170706000043j:plain

さっき見たら、790円に値下がりしてました。大汗をかいたら捨てても惜しくない値段。

 

そして今日は、空がどんよりして蒸し暑い天気だったので、目を楽しませるニュアンストップスをチョイス。裾がバルーンになっている、お気に入りのボタニカル柄ノースリーブブラウスです。

 

 

f:id:otona12:20170706000500j:plain

 

お腹の脂肪が気になる年齢なったら、裾に遊びのあるトップスを選ぶと、垢ぬけて見えます。盛り袖じゃなくて、裾ですよ。

 

次のコーデは裾がペプラムになったノースリ―プブラウスで、モノトーンにまとめました。白いシャツを着てアクセサリーやスカーフをするよりも、一枚で簡単におしゃれ度がアップするものを持っていると、急いでいるときには便利です。ジャケットを脱いでも見栄えがしますしね。

 

 

f:id:otona12:20170706000811j:plain

 

夏こそプリントが映える季節。普段は着ないタイプをバーゲンで一枚買っておくと、意外なときに出番が登場しますよ。