歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

不得意な色を味方につける差し色コーデ術

パーソナルカラーじゃない色とは分かっていても、衝動的に買いたくなる色ってありませんか?

GUのオンラインストア・大型店でしか買えないアイテムなのですが、画像を見ただけでイケる!と思ったのがこれです。

 

f:id:otona12:20170821140020j:plain

ジーユー オンラインショップ

 

「Vネックコクーンプルオーバー(半袖)」1,490円。透けないジョーゼット素材で、プチプラには珍しいマット感が高見えします。売り出したとたん大人気で在庫切れになっていますが、サイトをチェックしていれば、補充して再販が始まるはずです。

 

f:id:otona12:20170821140606j:plain

 

モデルさんが着ているホワイトも素敵ですが、どうしても気になるダークオレンジを選びました。サイズはレビューに出ているように少し大きめなので、私はSサイズでゆとりがあるほどです。

不得意な色を着こなすには、パーソナルカラーの分量を多めにコーデします。私の場合はブルーです。

パンツはユニクロの「ハイライズワイドジーンズ」で、色目はスタンダードなブルー。ピアスはターコイズのビーズ。パンプスもブルーにしました。

 

f:id:otona12:20170821141011j:plain

 

ベルトは何本も色違いを持っている「Natural Berry クロコダイルフェイクレザー細ベルト」1,480円。コーデに色を添えたいとき、カジュアルにもドレッシーにも役立つ高見えベルトです。

 

www.connoisseur12.com

こんなふうにして小物使いで苦手色を克服するコーデもありますが、もうひとつのやり方。それは柄物のエスニックです。

 

 

 

 

f:id:otona12:20170821142018j:plain

 

履いたのはアンクラインのバリ風の巻きスカート。腰でギュッと結ぶタイプなので、トップスをインして、片側にドレープを寄せました。

 

苦手な色を柄物のボトムスで誤魔化すときは、ボトムスの面積を広くすること。特にエスニックな柄だと、それだけで雰囲気が出来上がるので、何色を合わせても大丈夫なことが多いのです。

 

今回はビジューサンダルを履きましたが、カジュアルダウンしたいときはビーサンでもいいくらい。大きなバティックの布をスカート代わりに巻いて、夏の終わりのビーチを散策するのも素敵ですね。