歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

初秋のセーターは鮮やかで、下品じゃない赤を選ぶ

昨日の 「Vネックコクーンプルオーバー(半袖)」に続いて、GUの人気商品。カラーによっては売り切れが予測される「パフスリーブセーター(7分袖)」990円です。

 

f:id:otona12:20170821143757j:plain

ジーユー オンラインショップ

 

モデルさんのようにオフショルダーにも、ボートネックにもなる2wayネック。二の腕をカバーしてくれるドルマンスリーブなのに加えて、身丈がボトムスにインしても邪魔にならない長さなのが嬉しいところです。

 

f:id:otona12:20170821143912j:plain

 

カラーはオフホワイト、レッド、ブラック、ブラウンがありますが、迷ったときはモデルさんが着ている色がおすすめ。品のある赤が気に入って、Sサイズを選びました。

 

秋のトラッドをイメージして、パンツはPierrotのクロップドレギンスパンツを履きました。学生時代によく着たチェックを思い起こす柄で、スリムに見えるのが気に入っています。

 

f:id:otona12:20170821144521j:plain

 

5月にアップした記事ではラコステのポロシャツとコーデしましたが、今回は真っ赤なセーターと、ちょっと渋めな赤のパンプスを合わせました。

 

www.connoisseur12.com

セーターをウエストインして、襟の開きをもうちょっと狭めたコーデをしてみます。

 

 

 

 

パンツは昨日と同じく、ユニクロの人気アイテム「ハイライズワイドジーンズ」。購入される場合は店舗で試着して、もし長かった場合は、丈を足首までのレングスにすることをお勧めします。そうしたほうがパンプスでもスニーカーでも、トレンド感のある着こなしができるからです。

 

f:id:otona12:20170821145323j:plain

 

トップスに関してはユニクロからも秋に向けたアイテムが出ていますが、今のところ惹かれる赤は見当たりませんでした。紅葉シーズンの前に着たい色なのに残念です。

 

私のような年齢で赤を着る場合、深みのあるワインレッドは顔色がくすみます。鮮やかで、しかも下品じゃない赤を探して、主役のトップスとして着ることをお勧めします。メークをしなくても顔が引き立つ色を持っていると、急なお出かけにも生き生きと対応できますよ。