歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

カジュアルダウンを加減して着るコーデュロイタイトスカート

この秋は、ベロアやコーデュロイ素材がトレンドのようです。今一つ手触りが苦手で、パンツを2本持っているだけなんですが、GUでチノパンを買ったときに「コーデュロイタイトスカート」1,990円も追加してみました。

 

色はBLACK、RED、YELLOW、OLIVEがあるうち、あまり履いたことのないワインレッドにチャレンジ。モデルさんの写真を見るとジャストウエストなので、ちゃんとサイズ表を確かめました。

f:id:otona12:20170903121852j:plain

 

f:id:otona12:20170903122206j:plain

 

いつもGUではSサイズを着ていますが、これはかなりピッタリめです。タイトスカートはヒップが大きすぎると格好悪いので、このサイズで留めないと。ウエストが苦しくなるほど食べ過ぎないように注意します。

 

コーデュロイは質感を生かして、ちょっと田舎っぽく着るのが好き。以前GUで買ったリブVネックセーターをベスト代わりにして、コーデしました。

グレーのグラデーションを持ってくるために、GUの薄いグレーのカーディガンを肩に掛け、シューズも同系色にしています。

 

f:id:otona12:20170903122844j:plain

 

肩に掛けたカーディガンは、春にツインイットとして何色か揃えたもの。紺色のセットを使ってみましょう。スカートと同じ色のビーズネックレスで、メリハリをつけます。

 

f:id:otona12:20170903123517j:plain

 

コーデュロイと相性がいいのはダンガリーシャツ。カントリーっぽい雰囲気が好きです。

 

 

 

 

ワインレッドのスカートに色負けしないよう、濃い青のダンガリーシャツを着てみました。

 

f:id:otona12:20170903123711j:plain

 

ベルトは近ごろのお気に入り、UNITED ARROWS「グリーンレーベル リラクシング」のサッシュベルトをしていますが、実はこれ、リバーシブルなんです。今回は裏側のスエードタッチなグレーを使って、パンプスと合わせました。

 

3つのコーデとも一貫しているのは、スニーカーを履かなかったこと。田舎っぽくあってもカジュアルダウンしすぎないのが、私の年齢なりのコーデュロイコーデです。

 

www.connoisseur12.com