歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

モノトーンに秋色をプラスして着るライダースジャケット

先日GUの店舗に行ったときのこと。私と同じぐらいの年代の女性が、黒のライダースジャケットを試着しているのを見ました。

「フェイクレザーバイカーブルゾン」という合皮のライダースで3,490円。写真では限りなく本革に見えるのに、実際に近づくと安っぽさが分かります。

フェイクを着てもカワイイと言われる若さがあればいいのですが、中年以降の合皮は生活感が出てしまう気がするのです。

 

f:id:otona12:20170918182257j:plain

 

とは言う私が持っているライダースジャケットは、去年買ったRay Beamsの38,000円。大したものではありませんが、安かった割には高級感のあるラムレザーで、今年は似たのが倍近く値上がりしていました。

 

www.connoisseur12.com

ただしライダースは真冬に着るには寒すぎるので、コートを着る前の今がちょうどいいシーズン。夏の名残を生かしたコーディネートをすることにしました。白のデニムパンツとコーデします。

 

上下を白にして、ベルト代わりに巻いたのは、GUの定番「ウォッシャブルクルーネックカーディガン」。こんなときに秋色のパープルは役立ちます。

シューズは短靴を履くとゴツくなるので、シンプルな細めのパンプスにしました。

 

f:id:otona12:20170918183518j:plain

 

フェミニンなトップスを着ても、ライダースはサマになります。裾がバルーンタイプの花柄ブラウスで、ジャケットの裾との段差を楽しみました。

そしてシューズは秋冬仕様。グレーのベルベットのパンプスで暖かさをプラスします。

 

f:id:otona12:20170918184539j:plain

 

まだ夏の盛りに、初秋に向けて買ったプチプラアイテムも投入します。

 

 

 

 

ピエロ(Pierrot )の「バックギャザー入り Vネックノーカラーブラウス」2,480円。こっくりと落ち着いたブルーに一目ぼれしました。襟なしなのでどんなアイテムともコーデしやすく、仕事着のジャケットでもライダースでも、違和感がありません。

 

初秋は気温が変動して、何を着たらいいか迷う時期ですよね。夏の白に、冬の黒。あいだに秋色をかませながら、ニットの時期に移行していくことにします。

 

f:id:otona12:20170918184605j:plain

 

www.connoisseur12.com