歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

こっくり色にはシルバーやゴールドの光りものをプラス

去年あたりからでしょうか、秋物の服に「こっくりした色」という表現がよく使われます。「こっくり」とは「色・味などが、落ち着いて深みのあるさま」(三省堂 大辞林)。漢字にすると「落着」で、明治時代には「色合等の派手ならず能く引き締りたるに云ふ語」(皓星社)とされていましたから、今どきの若者言葉ではないのですね。

 

昨日の外出に着た「こっくり」は、ピエロ(Pierrot )の「UVカット機能裾スリットカーディガン」。昼間は暑かったのでインに半袖のTシャツを着て、ボトムスはユニクロの「ハイライズワイドジーンズ」です。

 

f:id:otona12:20171004144353j:plain

 

www.connoisseur12.com

 全体的に落ち着きすぎるのを若々しくするには、光りものをプラスします。アクセサリー、ベルト、シューズはシルバーでまとめました。先月のはじめ、by drawer(バイドロワー) で見つけたリーフ型のビアスは大活躍。耳元で揺れる木の葉は、まとめ髪をしたときにピッタリです。

 

f:id:otona12:20171004144737j:plain

パームリーフフックピアス

 

ピエロ(Pierrot )の新作「ベルト付き ハイウエストパンツ」も こっくり色なので、このままじゃ私の年齢では地味が勝ってしまうかも。

 

 

 

 

先ほどのコーデと同様に、プラスするものを全てシルバーにしました。私はパーソナルカラーが冬なのでシルバーですが、春・秋の人はゴールドのほうが似合うでしょう。その場合のシューズはブロンズカラーだと下品にならず、大人っぽく履けると思います。

 

f:id:otona12:20171004145624j:plain

 

夜になって寒くなったとき、この上に羽織るチェックの大判ストールを持ち歩いています。ハプティック(HAPTIC ONLINE )で2,296円(税別)というプチプラでしたが、折りたたんで仕事バッグに入れるにはちょうど良い厚さ。

夏の終わりから買い揃えてきたアイテムが嬉しい出番を迎えました。

 

f:id:otona12:20171004150608j:plain

チェック柄大判ストール