歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

風をまとっているようなコーディガンでレイヤード

秋が深まっていく今ごろは、コーディガンが役立ちます。誰が言い出したのかは分かりませんが、コーディガンとは「コート」×「カーディガン」。ロングカーディガンよりはもう少し分厚いものです。

 

プチプラで質の良い商品を売っているピエロ(Pierrot )では、こんな暖かそうなタイプが出ています。「畦編みニットコーディガン」2,990円。畔編み(あぜあみ)とは水田の堤のように、立体的なストライプが出る凸凹の編み方のことです。

 

f:id:otona12:20171011200057j:plain

畦編みニットコーディガン

 

こちらはGAPの「コージー ウールブレンド ダスターカーディガン」、生地的にはコーディガンだと思います。グレーはインに着る色を選ばないので、小寒いときには気軽に羽織れます。

 

f:id:otona12:20171009165225j:plain

 

 

マキシ丈に近い長さはエレガント。パンツでもスカートでもサマになるのが、ロングコーディガンのいいところです。スラッと背が高く見えるのが何よりものメリットでしょう。

 

f:id:otona12:20171009165906j:plain

 

もっと寒くなったら奥の手。コーディガンの2枚重ねをしてみましょう。

 

 

 

 

毎年ヘビロテしている、ダナキャランの黒いコーディガンを重ねました。こうしてレイヤードで着るためには、ボタンの付いていないタイプのほうがスッキリ見えます。

 

f:id:otona12:20171009170116j:plain

 

高級感が欲しいときは、ニットを2枚重ねたようなダブルフェイス素材がおススメ。green label relaxing のアイテムです。

 

f:id:otona12:20171009170540j:plain

KC ダブルフェイス コーディガン

 

プチプラブランドでは、今年フェイクファー付きコーディガンが出始めていますが、う~ん・・です。ごちゃごちゃ余計な飾りが付いていないほうが、サラリと風をまとっているふうに見えて、さっそうと歩けますよ。