歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

手帳をエルメスのアジャンダから200円のプチプラに変えた理由

今年もあと2カ月半を切ると、新しい年の手帳が出回り始めます。私はスケジュールを手帳に書き込むのをやめ、スマホとパソコンで同期させてGoogleカレンダーを使っているのですが、5年ほど前までは下の手帳を使っていました。

 

エルメスのアジャンダGM。もうこの色は出ていないので、あえて使いたくない(?)お宝です。カバーの価格は仕方ないとして、問題はリフィルの価格。マンスリーが1万6千円、白紙のリフィルが5千円近くもするんです。気軽に書き込めませんよね。

 

f:id:otona12:20171016145713j:plain

 

開いても、ペンを挟める作りになっていないので不便でした。

 

f:id:otona12:20171016145740j:plain

 

エルメスをやめて使い始めたのが、広島の文具メーカー「エトランジェ ディ コスタリカ」(etranger di costarica)」のカバーメモ。恵比寿の八重洲ブックセンターで見つけました。マンスリーは使わず、単なるメモ帳としてリフィルだけを取り換えて、使い終わったリフィルは日付を書いて棚に積んでおきます。

 

f:id:otona12:20171016151010j:plain

 

気付けば買い溜めしておいた白紙のリフィルが底をついて、しばらく使っていたのはもっと簡素なもの。

 

f:id:otona12:20171016151313j:plain

 

これはこれで便利だったのですが、バッグに入れるには薄っぺらいエトランジェ ディ コスタリカがベストだと再認識して、カバーメモとリフィルをアマゾンから取り寄せました。リフィルは10冊分の大人買いです。

 

 

 

 

f:id:otona12:20171016151830j:plain

 

こんなに買い込んで、カバーが216円、リフィルが1冊108円、送料を入れても2,000円以内で済みました。

 

カバーの色は7色ありましたが、エルメスっぽいオレンジにしました。前に買ったタイプ、花の写真のカバーはもう作っていないのかな。でもクリアタイプを選ぶと自分の写真を入れられます。

 

f:id:otona12:20171016152131j:plain

f:id:otona12:20171016154704j:plain

 

ビニールなので安心してペンを挟めます。

 

f:id:otona12:20171016152149j:plain

 

エトランジェ ディ コスタリカは売っているところが減って、私が買っていた店舗も今秋で閉店してしまいました。直営店は幾つかあるみたいですが、足を運ぶのが面倒なので、アマゾンで注文。欲しい方のためにアマゾンと楽天のリンクを張っておきますね。

 

AMAZON

エトランジェディコスタリカ カバーメモ TRP C罫 TRP-29-03 オレンジ

新品価格
¥216から
(2017/10/16 15:55時点)

このクリアタイプだと、手持ちの写真をカバーの中に入れて、オリジナルの手帳が作れます。

エトランジェディコスタリカ カバーメモ TRP C罫 TRP-29-01 クリア

新品価格
¥216から
(2017/10/16 15:53時点)

楽天

【etranger di costarica/エトランジェ・ディ・コスタリカ】カバーメモ【アップルグリーン】 TRP-29-05 【あす楽対応】

価格:216円
(2017/10/16 15:57時点)

 そして今日、ネットを見ていたらこんな記事を発見。若い皆さんは 100均のマンスリー手帳で大満足している様子です。ブランドものを見せびらかす時代は終わったのだと思います。

 

matome.naver.jp