歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

ユニクロのシガレットジーンズは筋足を隠す魔法のパンツ

今年はスキニーパンツが全盛で、若い女性たちが真っすぐでスラリとした脚で歩いているのを見ると、羨ましくなります。私は筋肉質なので、ししゃも足からは脱却できず、ふくらはぎが目立つスキニーパンツは履けないのです。

 

でも大丈夫。ユニクロが「筋足女子」に救いのパンツを発売してくれました。「ハイライズシガレットジーンズ」3,990円。紙巻き煙草みたいに筒形で、膝から下がストンとしているストレートタイプです。

 

f:id:otona12:20171019004143j:plain

 

ずっとブラックジーンズが欲しかったので、待った甲斐がありました。「カイハラ(株)と東レ(株)の共同開発によるエアーデニム糸」と謳われていて、ストレッチが効いているのに肉感を拾わないのは偉い! 脚の形に自信がない人でも、凸凹が目立たず履けるタイプです。

 

f:id:otona12:20171019004529j:plain

 

私は23インチを購入。24インチかと悩みましたが、スタッフに相談すると、履いているうちに伸びるのでピッタリしたのを選んだ方がいいそうです。くるぶし丈70cmのレングスは、裾上げせずに済むのが嬉しいですね。

 

きれいめデニムの特性を活かして、エレガントにコーデしました。フリルたっぷりのブラウスに、細身のリブニットカーディガン。ブルーノマリのパンプスで足元を華やかにしています。

 

f:id:otona12:20171019005445j:plain

 

シガレットパンツは、丈が長めのダブっとしたジャケットとも相性が良いのです。

 

 

 

 

思い出して引っ張り出してきたのは、10年ほど前のジルサンダー。襟が細く、肩パットが入っていないので、スッキリと華奢に着られます。エトロのペーズリー柄ロングスカーフで色を添えました。

 

このジャケットは、何回もゴミ袋に放り込まれて、すんでのところで救出された(?)生き残り。カシミアだと思うと捨てるには忍びなく、クローゼットのいちばん奥に吊るしておきました。 今年は大きめのジャケットが流行していますから、マニッシュに着こなすにはちょうど良いサイズです。

 

f:id:otona12:20171019005853j:plain

 

 黒のパンツに関しては、ずっとTheory(セオリー)ばかり履いてきたのですが、このユニクロは値段が一桁違っても、きれいなラインは負けていません。

 

シガレットパンツがワードローブに加わったことでコーデの幅が広がり、次はカジュアルな着こなしも考えなくちゃ。ショートブーツにも合いそうで、今年っぽさが満載になりそうです。