歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

大人らしさを計算して着こなすライダースジャケット

雨は小降りになったものの、台風が近づいて不穏な空模様。逗子から東京へのお出かけですが、カジュアルなデニムパンツで行くことにしました。

 

コートを着るには早いし、カーディガンだけじゃ寒いという、上着選びが難しい気温です。こんな時にはレザージャケットが便利なのですが、皮は一歩まちがうとオバサンまっしぐらになります。

 

このテーラードジャケットは、しばらく封印。Theoryのラムレザーだし、肩のラインも悪くないのに、皮のテーラードというだけで古くさい気がするのです。私は持っていませんが、ウエストにゴムの入った皮のブルゾンなんて最たるもの。徒党を組んで歩くおばちゃんたちが好むスタイルになります。

 

f:id:otona12:20171021020948j:plain

 

若作りと言われようが、やはり今年はショートアウター。ライダースジャケットで出かけることにしました。意外と皮は寒いので、中にパーカを入れます。

パーカの丈がまた難しいのですが、ショートアウターよりちょっと長いぐらいにして、上半身をタイトにしました。中高年がダブダブを着ると貧相に見えるからです。

 

f:id:otona12:20171021021447j:plain

 

このあいだGUで買ったチェックのタイトスカートに合わせてみましょう。前回は赤のニットを着ました。

 

 

 

 

f:id:otona12:20171021022903j:plain

www.connoisseur12.com

 

今回はブルーをメインに。ライダースジャケットのインには、水色がきれいなダンガリーシャツ。ラフになりすぎないよう、わざとボタンを上まで留めて、きちんと感を出しました。

 

f:id:otona12:20171021022112j:plain

 

上下のコーデを比較すると一目瞭然。カジュアルなライダースジャケットでも、中を正統派のコーデにすると大人っぽく格上げされます。

細かいようですが、ファスナーの色、ベルトのバックルの金具、ピアスの色は統一するのが垢抜けるコツです。私はパーソナルカラーのシルバーでまとめています。

 

ちゃんと計算して着こなしているなと思わせると、若者たちの間に混じっても、にこやかに堂々と歩けますよ。