歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

大人のジャケットは高見え素材&肩の位置が合ったものを選ぶ

7月の後半から大宣伝を繰り広げていたGUのグレンチェック。この広告はいろんなところで目にしました。

トレンドに敏感な若い人たちには似合うのかもしれませんが、オバサンには絶対ムリ。大きめのダブルブレストジャケットはバブル期のころに着ていた思い出があり、当時の小っ恥ずかしい自分が被ってしまうからです。

 

f:id:otona12:20171029014011j:plain

 

もうひとつは生地の問題。秋冬のジャケットやコートといった大物は、化繊のパーセンテージが高いと安っぽさがバレるので、ある程度の肉厚さが必要なのです。

 

その一方で、ジャケットの丈については長くても短くても、去年ほど気にならなくなりました。

 

これはウール&シルク混のショートジャケット。天然素材に重きを置くSCAPA(スキャパ)の製品で、とても軽いのに暖かくて、落ち着いたデザインなのでカジュアルにも仕事着にも応用が効きます。

 

f:id:otona12:20171029020752j:plain

 

トップスはウエストインせずに、前のボタンは外して、揺れるレイヤードスタイルで着るのが好き。

 

f:id:otona12:20171029023728j:plain

 

そしてこの冬、クローゼットの奥から復活させたジルサンダーのジャケットがこちらです。

 

 

 

 

ウール&カシミア素材で長めの丈。古い服ですが、ジルサンダーらしくシンプルなデザインで、肩パッドもかなり薄いのしか入っていません。

昨日のコーデで着たUNIQLO Uのサテンのワンピースをインにして、前を閉じてサッシュベルトをしたら、エレガントさがアップするはずです。

 

f:id:otona12:20171029021749j:plain

 

今回、例に出した2つのジャケットの共通点は、肩の位置が合っていて肩パッドが薄いこと。シンプルなテーラードジャケットほど、肩の位置で「高見え、安見え」が決まります。

 

こんなふうに、彼氏のジャケットを借りちゃった的なスタイルは、タイムマシーンでもない限り無理!

「かわいいね」と言ってもらえた若かりし日々は戻ってきませんが、せめても「カッコいいね」と言われるよう、身の丈にあったジャケットを着ていたいと思います。

 

f:id:otona12:20171029024155j:plain