歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

古いチェスターコートでもコーデ次第で難を隠せる

昨日の記事は、待ちかねて手に入れたGUの青いチェスターコートでした。私のクローゼットにはもう1着、10年以上も前に買ったUNTITLEDのチェスターコートが吊るしてあります。

 

f:id:otona12:20171101003529j:plain

 

生地と状態はいいのですが、ラベル(襟)と肩幅がちょっと広いのが難点です。これを捨てるべきか悩んで、まだまだコーディネートできる術があるのを発見。そう簡単には断捨離しませんよ。

 

肩幅をごまかすのに、いちばん簡単なのは中にパーカを着ること。フードが大きめなほどコートの襟にかぶさる部分が広くなります。

チェスターコートは薄手のものが多いので、この方式は一石二鳥ですね。ただし中にモッサリ着こむと上半身がデカく見えますから、パンツをスキニータイプにしたり、ウエストにカーディガンを巻いたりしてメリハリを付けます。

 

f:id:otona12:20171101180122j:plain

 

 もうひとつ、古いコートを誤魔化して着る方法。それはボトムスを流行のアイテムにすることです。

 

 

 

 

ユニクロの「「ハイライズワイドジーンズ」を履いて、新旧を中和させました。全体的にトーンが暗いので、コートとニットの間にはエルメスのスカーフを入れて、視線を真ん中寄りに持ってきています。

 

f:id:otona12:20171101181529j:plain

 

GUの新商品にも合わせてみましょう。チェスターコートとワイドパンツの相性はとても良し。ロングコートはウエスト位置をマークして高めに持っていったほうが、足長効果があります。そのぶんベルト選びが勝負になりますね。

 

f:id:otona12:20171101181953j:plain

 

防寒用にウルトラライドダウンの「コンパクトコート」を購入して、あとは大判のストールを顔周辺に持ってくれば、真冬でも乗り切れると思っています。