歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

本当に似合う白シャツに出会うのは数年に一度だけ

ここ一番、ファッションをキメていかなくちゃという日、勝負服は何にしますか?

集英社のサイト「HAPPY PLUS(ハピプラ)」で、面白い記事を見つけました。500人の女性に「予定がある日はどんな服を着ますか?」とアンケート調査をしたところ、「白」を選ぶと答えた人が多数だったそうです。

 

more.hpplus.jp

 

あらゆるカラーのなかで最も明度が高いのが「白」。パーッと明るく目立ちますし、どんな色の服と合わせても相性がいいし、清潔感からすれば男性受けは一番です。

 

f:id:otona12:20171121004658j:plain

 

ただし一口に「白」と言っても広範囲。ピュアホワイト、オフホワイト、アイボリー、シャンパンなど、できればパーソナルカラー診断を受けてから選んだほうが、似合う「白」が見つかるでしょう。

 

「冬」がパーソナルカラーの私は、ピュアホワイトが当てはまります。従ってその代表格である白シャツを上手に着こなしたいのですが、これがどうして難しい。クローゼットに10枚ほど白シャツが下がってるのに、本当に似合うのは2枚しかありません。

 

その一枚はTheoryのオーバーサイズの綿シャツ。高い買い物につきましたが、かなり長持ちしています。しっかりした生地なのにガサつかなくて、ボトムスのインにもアウトにも着られます。

 

f:id:otona12:20171121012307j:plain

f:id:otona12:20171121013903j:plain

 

もう一枚、いちばん気に入っているのはGUの「ウォッシュ・ブロードシャツ」1,990円。洗いざらしでも、アイロンをかけてもいいタイプです。これがいちばん身体にフィットして、どんな服とのコーデもバッチリでした。

 

 

 

 

f:id:otona12:20171121012424j:plain

f:id:otona12:20171121013256j:plain

 

困ったことに今年、GUのお気に入りのシャツは製造されておらず、襟抜きして着るオーバーサイズシャツに置き換わってしまいました。こんなことなら大人買いしておけば良かったと後悔しつつ、プチプラですからヘタりが早いのは仕方ありません。似合うものが、どうしてもあと一枚必要です。

 

白のシャツはプレーンであるだけに、身頃の幅、襟の形、前立ての硬さ、カフスの長さなど、試着してみないことにはフィット感が分からないのですが、背に腹は代えられないので、賭けに出ることにしました。

 

インスタで大人気の大日方久美子さんが着ているこのシャツ。白があったのでネットで注文しました。大人のプチプラファッションサイト「ur's(ユアーズ) 」で 3,985円。素材のシャリ感、胸ポケットの位置、レングスなどは見た感じ合格点です。

 

ドロップショルダーでもインに着られるタイプなので、スーツとコーデしても大丈夫そう。あとは実物を見て、吉と出るか凶と出るかですね。もしも気に入ったら、今度こそ替えを一枚追加しておくことにします。

 

f:id:otona12:20171121020127j:plain

f:id:otona12:20171121020658j:plain

f:id:otona12:20171121021811j:plain

f:id:otona12:20171121020417j:plain

ドロップショルダーシャツ