歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

チャンピオンベルトみたいなコルセットのどこがおしゃれ?

若い人たちのあいだで、太いベルト(ワイドベルト)が流行していますね。昭和世代の私はどうしてもバブル期を思い出してしまい、なるべくなら細いベルトでおしゃれに見えるよう努力しています。

 

ワイドベルトは着痩せ効果があるらしく、こんな記事を見つけました。

baila.hpplus.jp

オバサンでも目立ち過ぎない幅のワイドベルトは取り入れていますが、どうしても無理なのがコルセットタイプ。チャンピオンベルトみたいに思えて恥ずかしいのです。横から見たら関取のまわしになるかも。

 

BAILAの画像をお借りします。これなんて「フーテンの寅さん」の腹巻にしか見えないのは、私のセンスが古すぎるのでしょうか。

 

f:id:otona12:20171126125411j:plain

 

文句を言いつつもワイドベルトは、20~30代に買い集めたものを大事に取ってあります。デザインに流行があるわけじゃなく、それなりの質と値段のものを選んで買っていたのが幸いしました。


f:id:otona12:20171126160705j:image

 

シンプルなニットワンピースにコーデします。ファッションレンタルの「エアークローゼット(airCloset )」から送ってきたワンピです。

 

 

 

 
f:id:otona12:20171126161103j:image

 

黒いスエードのベルトは大人向き。カジュアルなニットワンピがアップグレードします。

 

そして、1本持っていればたぶん一生使えるコンチャベルトも便利。紐結びするタイプは合皮じゃなく、本革のほうが端にホツれが出ません。

 


f:id:otona12:20171126161628j:image

 

同じワンピースにコーデしました。これなら他人とかぶることはないでしょう。乗馬ブーツとセットにして、服を高見えさせるアイテムとして使用しています。

 

f:id:otona12:20171126161702j:image

 

プチプラのチャンピオンベルト、いや、ワイドベルトが悪いじゃけじゃないのです。でも服がプチプラなら、アクセサリーは本物で釣り合いを取りましょう。値段なんて分からくなるよう、上手に誤魔化す方法を知っているのが、おしゃれな大人なんじゃないでしょうか。