歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

ギンガムチェックのパンプスとデニムとの相性は抜群

この春はギンガムチェックが流行するらしく、少女っぽいブラウスやスカートが出始めています。私はショップリスト(SHOPLIST )で予約しておいたネイビーチェックのパンプスが届いて、早く素足で履ける日を心待ちにしています。

 

プチプラシューズで知られる「Outletshoes」の7cmヒールパンプス。私は足のサイズが24cmなのですが、レビューを見ると大きめの作りだという声が多く、23.5cmを注文したらピッタリでした。少々ゆるくても足首のストラップがサポートしてくれるので、脱げちゃうことはありません。

 

f:id:otona12:20180206134427j:plain

 

2,769円の安さなのに、3枚の高反発クッションが入っていて歩きやすく、靴底のゴムもしっかり貼られています。

 

f:id:otona12:20180206135014j:plain

 

全部で18色。スエード調のダスティなカラーが多いです。

 

f:id:otona12:20180206135031j:plain

 

紺×白のギンガムチェックは、サブリナ丈のデニムパンツとコーデするときっと可愛い。腰から下は細くすっきりと、トップスは「STYLEST (スタイレスト)」の1,980円チケットで交換した「太リブゆるタートルニット 」をざっくりと着ました。

 

f:id:otona12:20180206135722j:plain

 

ギンガムチェックが映える差し色が欲しかったので、首にはGUのバンダナ柄スカーフを巻きました。去年の夏、100円のSALE価格で買った超プチプラ。紺と赤とを持っています。綿のバンダナよりも扱いやすくて、首にちょこんと巻くのが気に入っています。

 

f:id:otona12:20180206141315j:plain

 

やたらとデニムが着たくなるのは、春が近いからでしょうか。チンガムチェックのパンプスとデニムワンピースをコーデしてみます。

 

 

 

ドルチェ&ガッバーナのノースリーブワンピに、Banana Republicの青いカーディガンを着て、1色コーデを意識しました。

アクセサリーはパールネックレスだと平凡すぎるので、カーディガンと同じブルーのビーズネックレスで、「あつらえた感」を出します。

 

f:id:otona12:20180206141707j:plain

 

今回着ているデニムワンピースですが、伊勢丹新宿店のドルチェ&ガッバーナで買ったもの。前身ごろに斜めに入ったラインには、お腹が膨らんで見えないように隠し針金が入っています。

お酒を飲んでいたころは贅肉がついて後ろのファスナーが閉まらず、何度かゴミ袋行きを考えました。でもこんなミニマムなワンピは二度と手に入らないと思うと、断酒して痩せる方向へと意識が変わったのです。

 

f:id:otona12:20180206143103j:plain

 

ちょっとでも肥ると脇からお肉がプヨッとはみ出すので、これをノースリーブのまま着るためには、サボっていた筋トレを再開しなくては。腕を日に焼いてごまかす裏ワザが使えなくなった年齢は、陰の地道な努力を必要とします。

 

振袖肉を落として、たくましくならない程度の筋肉をつけ、老人性のシミを作らないようにケアして・・・と、やるべきことが沢山。今やらなければ10年後には取り返しがつかなくなるので、ファッションテクニックだけでなく、美容にも励もうと頑張っているこの頃です。