歳を隠すのをやめました

大人のプチプラ&ブランドミックス~断捨離しない目利きファッションコーデ

スポンサーリンク

チェックの開襟シャツをオジサンっぽくならずにコーデ

昭和テイストの服が流行しています。その時代に現役だった私が着ると「まだ取ってあったの?」なんて言われそうですが、コーデの仕方によっては今っぽくなります。

 

 ティティベイト(titivate )のセールアイテムで見つけたのは、ギンガムチェックの開襟シャツ。大人っぽい「チェックパターンオープンカラーシャツ」が、期間限定で4,590円から1,500円(税込・メール便可)になっていました。

 

f:id:otona12:20180523105000j:plain

チェックパターンオープンカラーシャツ

 

流行のチェックでも、襟が「開襟」なのは珍しい。懐かしい気持ちも加わって、チャレンジすることにしました。かなり薄手の生地ですが、着ると心地よい柔らかさです。グリーンは売り切れていたので、ブルーを選びました。

 

f:id:otona12:20180523111718j:plain

 

開襟をレトロモード丸出しにならず、しかもオジサンっぽくならずに着るには、今のアイテムをプラスします。

STYLEST (スタイレスト)のチケット利用で手に入れたベージュのカーゴパンツに、ジーユー(GU )の790円のメッシュベルトを合わせました。チェックの位置をずらしたポケットの付け方がおしゃれです。

 

f:id:otona12:20180523105424j:plain

 

ピエロ(Pierrot )の「無地ノースリーブ美ラインワンピース」には、シャツの裾を結んでコーデします。

 

f:id:otona12:20180523112224j:plain

 

モデルさんのように、シャツの裾をパンツの外に出して着たらどうなるでしょう。Banana Republicのチノパンに合わせました。

 

 

 

 

f:id:otona12:20180523112533j:plain


やはり開襟とチノパンの組み合わせはオジサン色が出ますね。でも打開策があります。

上にネイビーのジャケットを着るだけで、田舎くささから脱しました。ジャケットの丈はシャツの丈と同じぐらいか、それより若干短いぐらいが、足長に見えてベストです。

 

f:id:otona12:20180523112715j:plain

 

シックな色合いのレッドも良かったかなと思いつつ、久しぶりの開襟を楽しんで着ようと思っています。

f:id:otona12:20180523113150j:plain